涼々ページドリやまページ

dream50 りゃん父ドリやま日記

トップへ戻る

2007/11/25 第56回・・・ジャンボ天丼を食べに行くオフ

いやいや前回の「松島焼き牡蠣オフ」では全くの期待はずれの戦績で、誠に申し訳ありませんでした〜( ̄┰ ̄;)ゞ
というワケで、今回はフジTV系「脳内エステIQサプリ」のクイズにも登場した仰天のジャンボ天丼を食べに行くことにしました。
牡蠣のリベンジを天丼で果たすじょ!!

参加者は、またまたトバちゃん(たまには奥さん連れてきなよ)、私りゃん父、そしてちゃこPのいつもの大食い選手権の面々です。

で、やってきたのがコチラ、宮城県松島町の「大漁」。
店の前の駐車場も裏の駐車場も満車で、結構繁盛しておるよーでした。

店内は、テレビに出たとは思えないくらい地味でこぢんまりとしたたたずまい。。。 そういえば、お店のシーンは天丼が大写しになっただけでしたな。
早速、お店のオネーサン(以下オネ)に注文。
RC「ジャンボ天丼、1個840円也を、3つお願えしま〜す。えへえへ」
オネ「ダメダメ!ひと組につき1個だけ!。それに、制限時間30分以内に食べきれないと、天ぷらをまた載せるよ。最後まで食べ終わらないと永遠に帰れないかもすれないんだから、よ〜く考えて注文すてね。」
3人・・・コソコソと相談。
RC「だったら、1つお願えします・・・。」
オネ「ほんとに食べんのけ?ワタス、知らねえよ。」
と、かなり脅かされました。
・・・・そういえば、回りのお客さんで天丼食べてる人いませんね。
皆さん、チラチラとワダスを見ながらオネーサンとのやりとりにじっと聞き耳を立てております。
ジャンボ天丼って、そんなにスゴイんでしょうか???・・・・
でも頑張ります。だって今日は牡蠣の「リベンジ」ですから!(・∀・)b

で、天丼を諦めたちゃこPはコチラのボタンエビ刺身定食を注文。

トバちゃんは、穴子天ぷら定食を注文しました。
コチラもかなりのボリュームです。穴子天が5本も!!

そしていよいよウワサのジャンボ天丼様がやってまいりました〜。うひょ〜!なんと高さが45cm!!
一番背の高いのはサツマイモ。丸いのはカボチャの輪切り。サツマイモの左に穴子が立っています。
一番手前の丸二つ縦に並んでいるのはタマネギ、このほかシイタケ2つ、ピーマン、キス、エビ2本、ご飯も結構大盛りです。
食べる前から冷たい汗が出ました。

では早速いただきま〜す(・人・)。
ってコレ結構揚げたてで熱々じゃん。
お口の中がヤケドしそーで、それだけで30分のカラータイマーが早くもピコピコ言っちゃいそ(;;T∀T;;)

で、格闘すること約20分。もう暑くてフリースを脱ぎ捨てました。
天ぷらはお冷やで口の中で冷ましながら食べました。もはや味わうどころではありません(>_<)
そして最後に残ったのが、これまた大盛りのご飯。 もう一踏ん張りです!!
こうなったら、みそ汁・お茶・天つゆなどぶっかけて、つゆだくご飯にしてのどの奥に流し込むしかないっ。
このへんになるともう必死です!(;炎∇炎;)(←っていうか、ヤケクソ??)
だって、今日は、「リベンジ」ですから!(・∀・)b

いや〜なんとか完食しましたっ!(|||-∀-)
ここだけの話、ちゃこPにシイタケとピーマンをこっそり手伝ってもらっちゃいましたぜ(// b //)

もうお腹パンパン、当分、天丼は食べなくていいっす(て、そんなにズボンゆるめなくても・・・・・)(● ̄ー ̄●)

店を出た後も体中の油っぽい感じがぬぐいきれず、すぐに近くのコンビニに走りました。
そして買いました。食事の脂肪吸収を抑える特保「○ントリーの黒烏龍茶!」
「頼むぞ黒!」( ̄人 ̄;;)うううぅぅ〜・・・。

腹ごなしに、一行は奥松島の宮戸島に移動しました。
ちゃこPは、自分の「お一人様用コタツ」にテーブルを作るからと、先に帰るつもりだったようですが、とりあえず一緒に行動することに。

そしたらココでも焼き牡蠣食い放題の小屋がありました。
松島の牡蠣小屋より15分長いのに料金は同じ2,000円。
それを見てちょっぴり悔しさをにじませるちゃこP。
でも松島の牡蠣小屋みたいなお祭りムードはなく、淡々と焼かれておりました。

船着き場に遊覧船やボートが入ってくるたびに、波が波止場を洗います。
そんなこんなの休憩のあと、今日は寒くなる前に早めに帰ることに。

が、なんてこったい!!
しばらく進んだところで、ちゃこPが繰るビラ子号に失速&エンジンストップするというトラブルが何回も発生!
そのたびに、道路脇に寄せてはエンジンをかけ直す作業の繰り返し・・・。

5回目くらいのエンジンストップ時に、ついにビラ子とドリやまを交換。
ワダスがビラ子に乗り換えだましだまし走りましたが、謎のエンストは収まらず・・・。
そしてついにウンともスンとも言わなくなってしまいました\(_ _;)/

こうなってしまっては、いつものH輪業を呼ぶしかありません。
電話で居場所と症状を伝えると、「暗くなる前に行きますから」とのお優しいお言葉(T_T)
その言葉を信じ、じっと助けを待つことにしました。

で、待つこと1時間。
暗くなる前と言えば暗くなる前ですが、かなり明るくなくなってきた頃、やって参りまいりました、H輪業の異様にドデカイトランポに乗ったメカニック氏!

手慣れた手つきで症状を確かめ、プラグを新品のに交換。
ふぅ〜、おかげさまでビラ子号が復活いたしました。
その間にあたりはすっかり暗く寒くなってしまったものの、なんとか自力で帰れそうです。
トラブルの原因は、チョークのワイヤーの戻りが悪く、半分チョークを引いた状態で走り続けたため、プラグがかぶった状態になってしまったとのこと。
プラグを新品に替えたため再始動はしましたが、チョークワイヤーの調整は必要かも。。。

ということで今回もいろいろありましたが、翌日、H輪業から「念のためにビラ子号を再度見たい」との連絡があり、ビラ子号は整備のために入院することに。。。
↓搬送されるビラ子

キャブレター清掃、ワイヤー類への注油等を施してもらい、元気を取り戻し帰ってまいりました。
今回は保証期間内ということで無料で済みましたが、ビラ子号もドリやま号も時にはドック入りしての点検が必要かもですね。
ほんじゃまた、次回の大食い選手権・・・じゃなくって、ツーレポをお楽しみに、ジャネ〜(・◇・)ノ