涼々ページドリやまページ

トップへ戻る

dream50 りゃん父ドリやま日記

2008/03/30 第60回・・3ヶ月点検のついでに「三角あぶらあげ」を食べてきました!

みなさんこんぬづは、りゃん父です。3月も終わりに近づき随分と暖かくなりました。
ワダスは花粉症のピークを迎え、我が家や職場のゴミ箱は、かみ捨てられたテッシュで三角の小山を築いております。ズルズルッ( ̄ii ̄)
三角・・・?三角と言えば三角あぶらあげ・・・(o・。・o)!? と言うわけで、4月中旬なみの気温となった本日、ビラ子の3ヶ月点検を兼ねて、定義如来名物「三角あぶらあげ」を食べにツーリングに行ってまいりました(∩∩*)ゞ

まずは3ヶ月点検のため、購入先のH輪業泉バイパス店に行きました。
この店はH輪業の支店ではありますが、ハーレーの宮城県の総代理店の店舗と併設されており、店構えも大きく作業場も広くキレイで、スタッフもハーレー風こわもてオジサンからイケメンやさ男まで、各種取り揃っております。

ビラ子号は昨年9月購入ですので、すでに6ヶ月ほど経過していますが、冬の間はほとんど乗らず距離も伸びていないため、本日が3ヶ月点検となってしまいました。
スタッフのOさんに、昨年暮れにチョークの戻り具合を直してもらって以降は問題が無いことや、最近走行中の振動でナンバープレートのボルトが1本外れて紛失したことなど、一通り説明を行い、作業に入ってもらいました。

今回は特に、寒い季節を越したことから、バッテリーの電圧を始め、電装関係を念入りに点検しているようです。

作業場からビラ子号が出て参りました。これで保証期間中の3回の点検が全て終了しました。
ここH輪業からBMトバちゃんちはすぐそこなので、電話で誘ったら5分ほどでトバちゃんがまたまたルンルン♪でやってきましたヽ(○・v・●)ノミ|Ю

さて、最近は毎回海方面へのツーリングが続いたのですが、暖かくなったので、山も大丈夫だろうと今回は泉ヶ岳の麓から山越えして、定義如来に名物「三角あぶらあげ」を食べに行くことにしました〜。

途中、七北田(ななきた)ダムの湖畔公園で休息。
右が泉ヶ岳、左奥のまだ雪がかなり残るのは、山形との県境に近い船形山。

七北田ダムから山越えし、定義如来に到着しました。
BMとビラ子の正面に見えるのが、「三角あぶらあげ」の元祖、定義とうふ店。
すでに沢山のお客さんが並んでおります。
来るたびに「なんでこんな山の中のとうふ店がこんなに混むのか?」と不思議になるのですが、今日もメチャメチャ混んでますヽ|・∀・*|

ワダスとトバちゃんも早速列に加わりました。
寺にお参りに来るのはお年寄り中心ではありますが、結構若い女性やカップルも多いです。ほんとに不思議です。

おおお、そしたらとうふ店の方も、以前の婆さんではなく、アルバイトとおぼしき若いおねぃさんが売り子をやってました!w川ёoё川w
三角あぶらあげは1枚120円。今回はトバちゃんの希望で豆腐田楽(こちらも1本120円)も追加注文しました。

三角あぶらあげは、分厚くズッシリと重い揚げたてアツアツです。七味と醤油をかけていただきます。
店の奥で、ぶくぶくジュワジュワ揚げている様子が見られます。

田楽の豆腐は、昔ながらのちゃんと豆の味のする固い豆腐で、こちらも焼きたて。まいう〜です。
おお、トバちゃんは撮影前から一口食べてしまったじょ。

店の横にはテーブルがあって、30人くらい座れるようになっています。
豆腐とあぶらあげの両方を食べると、はっきり言って昼食いらず。それくらいボリュームがあります。
これを食べるためにやってくる他県ナンバーのクルマも相当おるようです。

こちらが定義如来の旧本堂。八百年の歴史を持つ平家ゆかりの寺だそうで、縁結び・安産に御利益があるんだとか( ̄◇ ̄;)

寺の参道には土産物が立ち並びます。
左上は焼きめし屋。玉コンニャクもあります。
右上は揚げパン屋。
左下は仙台麩とかあぶらあげを並べています。
右下は仙台長なす漬けの店。

左上は提灯やこけし、オモチャを売っていました。
右上は帽子やネクタイ、干支の指輪やお守りなんかが売っています。
左下は湯飲み茶碗や徳利、カエルの陶器の置物が並んでいます。
右下は焼きトウモロコシの店。でも、今の季節だと冷凍モンかな〜?
(¬(ェ)¬|||)

お寺の近辺で遊んだ後、2台は再度山越えし、泉ヶ岳から北に向かい、宮床ダム経由で仙台に帰ってきました。
まだまだ風景は冬枯れたままですが、あと1ヶ月もすればかなり新緑がキレイになってくるでしょう。

さて、いよいよ4月、恒例のお花見ドリオフ「4月13日(日)」が楽しみですね〜。メンバーの皆さん、ヨロシクご参加下さい〜!!
ほんじゃね〜ヾ( ̄◇ ̄)