涼々ページドリやまページ

トップへ戻る

dream50 りゃん父ドリやま日記

2009/11/07 第81回・・・・ビラ子とBMで行く紅葉のあぶくま&美味しんぼツー!

みなさんこんぬづは、りゃん父です。
いよいよ11月に入り、朝夕の冷え込みも一段と厳しくなってまいりました。我が家のケヤキもご覧のように赤く色づき、落ち葉が庭中埋め尽くしております。
さて、本日11月7日(土)は暦の上では立冬。
ところが、なんと朝から無風で快晴、ポカポカ陽気。で、予想最高気温はなんと驚愕の20℃!(@◆@;)

(・∀・)「・・・こ、こりゃあ出かけないと、もったいないオバケが出るっ!」

そこで、突然ではありますがBMWトバちゃんに誘いの電話を入れてみました。
そしたらさすがに突然過ぎたのか、
TB「なんの準備もしてないんで、昼近くになりまっせ・・・・」
RC「おう、そんでもええから、紅葉見に行くべ」
ということで、急きょ昼から半日のツーリングに行くこととしました。

ちなみにワダスもなんの準備もしておらず、電話してから、顔を洗ったりトイレに入ったりタイツをタンスから引っぱり出したり、なかなか忙しかったです〜!(._*)☆\(-_-)

今日の行き先は、ちょうど今が紅葉の見頃と思われる、宮城県の最南端、阿武隈(あぶくま)山地に位置する丸森(まるもり)町を目指します。
我が家を出発し、いつもの仙台港から海岸沿いを南下するルートをとり、途中亘理(わたり)町から山越えをし、丸森町に入ります。
おお、BMWトバ号も気持ちよさそうに走っておりますね。
11月とは思えない暖かさ、しかもタイツも履いてると、走ってちょうど良い具合の体感温度。逆に停まると少し汗ばむくらいの感じです(^^;)

普通ならこの時、秋特有の真っ青な空で、空気が澄んで遠くまで見通せるはずなのが、今日は、同じ青空ながら、まるで春のように霞んで遠くまで見渡すことができません。

本来ならこの方向に山形との県境に位置する山々(蔵王とか舟形(ふながた)とか面白山(おもしろやま)とか)の稜線がクッキリと見えるはずですが、今日は近場の山々しか見えず、モヤッとした感じで、空気も温いです。

阿武隈川の河口近くにかかる亘理大橋を渡り、亘理町に入ります。
亘理大橋は全長663メートルと長さもありますが、高さもあるため、河口近くに密集する家々が見渡せます。
この橋が架かる昭和56年以前は、渡し船が運行されておりましたヽ(*'-^*)

亘理町からは方角を西にとり、ちょっとした山越えの後、阿武隈川沿いに角田(かくだ)盆地を南下し丸森町に向かいます。

で、やってきたのはこちら、ライダー御用達のお店「金八寿司」♪( ̄◇ ̄)♪
寿司店ではありますが、いのしし料理がメインで、ぼたん鍋、いのししの刺身、いのししのステーキ、山椒魚やいのししのにぎりなんてのも出すそうです・・・・(^_^;)

店主の親方も息子もバイク乗りで、店の前の駐車場はご覧のような状態。
↑の赤いCB750のほか、←画像手前から改造バギー、カワサキエストレア、シートが掛けられたのはBMWRS1000。

RS1000は親方が乗ってたらしいですが、その重さが結構老体にこたえるらしく、最近はもっぱら手前の青いベスパがメインとのこと。
ベスパはガソリンに2サイクルオイルを混ぜた混合油で走りますが、混合油の方がガソリン単体より劣化しにくく、キャブが汚れないため、長時間動かしていなくてもエンジンがかかりやすいとのこと。
このベスパで北海道を走るのが親方の目標だそうで、なかなかポジティブですなぁ(^∀^;)
そういや立派なパニアケースが付いています。

「金八寿司」の店内はこんな感じ。
小上がりの壁にはテレビの取材やタレントが来店したときの写真が多数飾られています。
その中に、漫画「美味しんぼ」の作者が来店した時の写真があります。で、親方が漫画に登場した場面が右下。

で、ワダス達が注文したのはコチラ、ライダーだけの限定メニュー「ライダー寿司定食」!!(・∀・)
なお、そのほかライダーだけの特典として、「到着証明書」を発行してもらえるほか、店の前でバイクと一緒に撮った写真を店内に何冊も置かれたアルバムに加えてもらうことが出来ます。

「ライダー定食」はマグロ、ウナギ、イクラ、玉子、キュウリがのったちらし寿司にカニ爪が入った味噌汁、湯豆腐、ゴボウの漬物という組み合わせです。

それでは早速いただきます。マグロ、ウナギ、イクラ、玉子が酢飯と絡んでまいう〜♪
これに食後にコーヒーも付いて、1,050円なり(*^v^*)

最後、店の前でアルバム用の記念撮影。・・・日差しが強いので、額や白髪が強調されて、二人ともかなりのオヤジですなぁ・・・(^_^;)

こちらが親方と、髪の豊富なイケメンの息子。ともにライダー(*^∀^*)

「金八寿司」さんに別れを告げ、2台は福島の霊山(りょうぜん)方向を目指して山道を登ります。
おそらくこの方面、今が紅葉の見頃のはず!(・∀・)b

国民宿舎「あぶくま荘」付近にやってまいりました。近くには公園があって、渓谷沿いを散策できるようになっています。

で、紅葉はと言うと、ちょうど見頃でした。←ご覧のような感じ。
赤や黄色に日差しが当たって輝くようにキレイです。親子連れやらカメラを持った人たちが結構おりました。ワダスもアチコチ歩いて撮ってみました。

とくにモミジはまっ赤で、絵のようにキレイです(@∀@)

紅葉をバックに記念撮影。

しばし紅葉を堪能した後、帰りは丸森町から角田市を経由し、国道4号線に出て一路仙台に向け帰ってきました。
角田市内は銀杏並木が延々と続いて、ここもちょっと見事でした。
何キロにわたって続いており、なかなか素晴らしかったです。

【オマケ】
さすがに11月ともなると日暮れが早く、4時半も過ぎればアッという間に暗くなり始めます。ウチの近くまで来た頃、きれいな夕焼けとなりました。
今日は汗ばむくらいの陽気で最高のツーリング日和でしたが、日没が早いので、突然寒くなるかもしれません。一応タイツを履いていって正解でした。防寒対策をしっかりやって、寒さに負けずに走りましょう!((( ̄ii ̄)))ズル・・・