涼々ページドリやまページ

トップへ戻る

dream50 りゃん父ドリやま日記

2010/07/10 第87回・・・・Dトラ子号とBMWで行く、梅雨の晴れ間の山形・大石田!

こんぬづは、りゃん父です。
今年も本格的な梅雨の時期となりました。
九州とか関東とかは、ゲリラ豪雨で土砂崩れや洪水の被害があったりして大変ですね。
今のところウチの地域の方はおかげさまで天気が大崩れするようなこともなく、平穏な毎日ですが、かつてはワダスも2回ほど洪水を経験しております。被災された地域の方々には心からお見舞い申し上げます(-人-)

さて、本日は梅雨の晴れ間の土曜日、天気予報だと予想最高気温は32℃。勿体ないので急きょツーリングに行くことにしました。
で、早朝、BMWトバちゃんに電話を入れてみると、歯医者の予約を10時から入れているとかで、もし今日抜歯しなければ大丈夫とのこと。
2日前には顔が腫れて大変だったんだそうで、なんかそういうのも見てみたいような気もします(^∀^)が、まずは歯の治療次第ということになりました。

そしたらお昼ちょっと前に電話が来て、抜歯は「なし」で行けることになりましたが、歯医者が会社の近くでBMWで来てるということなので、仙台の街の真ん中で待ち合わせすることになりました(Dトラ子号は仙台の市街地は初走行です。)
(・∀・)イケイケゴーゴー

仙台は道路の混雑がひどいので、個人的には普段は仕事でも買い物でもJRとか公共交通機関を利用し、車やバイクはあまり使いません。とくに最近はJR仙台駅の東側が再開発で新しい道路がどんどん出来たり、駅の西側は地下鉄工事で車線があちこち規制されたりして、車のカーナビでさえ情報が更新されていないと訳が分からない状態なので、ほんとはバイクでは走りたくないのです。
我が家を出発して20分。駅近くまでやってきました。

(-公-;)「なんか道路が出来たかわりに信号も随分と増えたみたいだね。」

画面下に見える緑色した奥さん愛用のカエルさんキーホルダーがかわええ♪(色もKawasakiっぽいし・・・・)

会社近くのド・トールの前で待ち合わせ。
予想気温32℃!ホンマに天気ええぞ〜(⌒0⌒)♪

で、今日は時間も少ないので国道48号線で山形に行き、国道13号線を北上し、昨年秋に行った大石田町の「わらぐちそば」へそばを食べて帰ってくるというルートにしました。
国道48号線をしばらく走ると、県境の山々が近づいてきます。
この辺りは仙台市新川(にっかわ)地区、ニッカの仙台工場の看板も見えます。

作並温泉近くに来ると道路脇には並木が続きます。
歩道で太極拳をやっているオジサンもおりますね。

「ハァ〜ッ、ハッ!ハッ!」.......φ(。∀*)☆\(-_-)「それは‘少林寺’のジェット・リーやろ!」

一番の老舗ホテル「岩松旅館」の前を走り抜けます。
ここから先は上り坂が続き、県境の関山トンネルを抜ければ山形県東根市です。

ということで、コンビニで一旦休憩。コンビニといってもセブンイレブンとかローソンとかのチェーン店ではなく、コンビニ風地元商店。

東根市まで下ってくると、辺りはサクランボ畑一色となります。今年は時期が遅くて、6月後半が最盛期だったようです。
この辺で立派な屋敷は「サクランボ御殿」と言われます(本当です)。
正面に見える山は月山。

東根の市街を抜ける頃から、ちょっと怪しい雲行きに・・・・・・。
ほんのちょっとだけパラパラと来ました。

国道13号線に出て北上し、村山市でガソリンを給油。
できるだけ安そうなスタンドを探しましたが、どこも宮城県よりは3〜5円程度高いみたいです。
BMW号はもちろん「ハイオク」。そしたら、トバちゃんの奥様の愛車スマート(ヤナセで売ってる軽よりちっこいアレ)も驚くべきことにハイオク仕様なんだそうで、さすが、おベンツ製ですなぁ(^m^;)

こちらは、Dトラ子号。レギュラー満タンで130km走行時点で4リットルほど入りました。
登りが多くてかなりアクセル開け気味で走りましたから、これ以上燃費が悪くなることはないと思われるので総航行距離は2百数十kmといったところでしょうか?

大石田の町内から「わらぐちそば」のある次年子(じねご)地区に行くにはちょっとした峠を越えます。
画像は峠の上から東の方向、大石田町方面を見下ろしているところ。遠くに見える山々が山形と宮城の県境です。

「わらぐちそば」に到着しました。
店は山の中にこんな感じで建っています。ノボリがないとほとんど気づきません。
今回は2回目なので一発で来ましたが、前回は人に道を聞いても地図で確認しても、回りは山ばかりなのでなかなか見つけられずに苦労しました(人に聞いた方はウソを教えられたんですけどね・・・)。

でもほんと、のどかな所ですね〜(≧∇≦)

「わらぐちそば」は、築80年のかやぶき屋根の農家を改造した「大石田そば街道」の中でも、最も人気の高い店。
新そばのシーズンなどは入るのに1時間は待つ覚悟が必要と言われている店です。

中に入れば、居間も座敷も全て客席になっていて、今は囲炉裏の代わりにストーブが置かれていますが、素朴な懐かしい造りです。
座敷は天井がありますが、囲炉裏のある居間の方は梁が剥き出しの天井板がない造りです。
さて、この日は時間も午後3時近くと遅かったことから、ワダスら以外には後で1組のお客が来ただけで、ほとんど貸切状態でした。ラッキーですね(^∀^)v

座敷からは庭と畑と裏山が見えます。開けっ放しのため涼しい風が家中を通り、不思議と虫も入ってきません。全く快適♪
こりゃあエアコン要らずだわ。バイクでお尻も痛くなったので、ゴロリと昼寝したくなっちゃうね。

よくよく店内を見渡すと、・・・・2つ前の画像にも映っていますが、何故かやたらとカレンダーが多いです????(@@;;)

注文の方は「大板そば(850円)」と「ゲソ天(300円)」を注文しました。
そばが茹で上がる前に、ゲソ天と、そばの付け合わせの野菜天、茄子とキュウリの漬物が運ばれてきました。

山形のそば屋で天ぷらと言えば、なぜか定番の「ゲソ天」。
揚げたてです。
これと漬物だけでお腹いっぱいになりそうです。

付け合わせの天ぷらは、春菊とサニーレタス。これもゲソ天もつゆか塩でいただきます。
ワダスはつゆが油っぽくなるのが嫌なので、塩でいただきました。

メインの「大板そば」はこの量!(@◇@;)
女将さんに聞いたら200gちょっとみたいな話でしたが、そんなもんじゃききません。
板の幅が大人の肩幅ほどありますから、かなりの量です。

地元産の更科ソバ粉を井戸水で練り上げた、独特な真っ白いそば。透明感とコシがあってまいう〜♪

かなりの量に圧倒され、ゲソ天とか漬物はタッパーを借りて持って帰ろうかと思うくらいでしたが、どうにか完食いたしました(・∀・)v
いや〜っ、食った食った!ほんとに昼寝したくなりました。

・・・・ジャケット脱いだときの格好、Tシャツの裾がパンツに入っていて・・・・、失敗した〜!!!!かっこ悪〜い!!!!(T◇T;)トホホ

帰りは尾花沢市から宮城県加美町に向け、国道347号線を通り山越えで帰ります。
前回通ったときは工事中の箇所が多く、バイクがものすごい泥だらけになりましたが、今回はかなり工事が進んだ模様で、泥の箇所もなく道幅が広くなった区間が増え非常に走りやすくなりました。
これやったら、お気に入りのルートになりますね。

県境のトンネルを抜け、宮城県に入りました。

ところどころ工事が未着手の箇所もありますが、緑のトンネルの中を走るのは本当に気持ちよい♪

大崎地方まで来ると辺りは変化の乏しい田園風景になります。
でもほんと、今日は珍しく日本海側より太平洋側の方が天気が良かったみたいで、32℃の最高気温もあながちウソではなかったみたいです。

途中、コンビニでアイス休憩♪
やっぱり暑かったせいか、午後から走っただけの割にはちょっと疲れました。・・・食べ疲れもありますが・・・。

今日の走行距離約190km。
また明日から梅雨空に戻るそうなので、次ぎに走るときは真夏の真っ只中なんだろうね。これからの時期は水分補給しながら熱中症に気を付けて走りましょう(・_・)/~
携帯用のスクイズボトルっての?買ってこようかなぁ・・・・。