涼々ページドリやまページ

トップへ戻る

dream50 りゃん父ドリやま日記

2012/07/01 第102回・・・・・Dトラ子号とBMWで行く、ビミョーな天気の被災地、山元・相馬・松川浦

いよいよ東北も梅雨入り。
毎年この時期はツーリングの計画が立てづらく、週間天気予報とにらめっこしながらということになります。
今回、7月1日は大崎在住のたけさんとBMトバちゃんとで相馬・松川浦方面を計画したのですが、週間天気予報ではずっと傘マーク。
決行するべきかどうか前日まで迷いに迷いました。

もともと7月の第一日曜は年に3回のドブ掃除の日なので、降れば降ったで掃除はお休みなので、晴れればもちろんウレシイですが、降っても個人的にはそんなに悲しくないのです。
そしたら、そんなビミョーな気持ちを反映してか、当日朝の天気は降ってはいないけど、弱〜い霧雨というビミョーな天気。
ただいるだけで、バイクも路面もジンワリと濡れてきて、こりゃあちょっとビミョーだわ。
たけさんは前日メールで「ピン(単独)で行くから」とのことなので、ワダスらは2台で出発です。

Dトラ子号のゲルザブに興味津々のトバちゃん。
プニュプニュ指で押しながら、「ジェルみたいだね。」って。
・・・・・だから「ゲル座布」って言うんだって(・∀・)b

で、走り出してみたら、やっぱり霧雨でもシッカリ濡れますね。
ヘルメットのシールドをグローブの指でフキフキしながらの走りとなりましたヽ`、ヽ`、「(´д`;)))ヽ`、ヽ`

今回は、仙台港から南下し、亘理町から海岸沿いに相馬へ向かいました。
途中宮城県南端の山元町を通過。

山元町は津波で町の半分が浸水。海岸から1.5kmの範囲の建物がほとんど流失してしまうほど被害の大きかった地域。
当然海岸沿いは現在建築制限、JR常磐線も不通のまま。
復旧も進まず、人も戻れないので、道路も橋も壊れたままの状態。

もともとこの辺はJRも走っていたし、街並みもあったのですが、今は何もありません。
道路もアチコチ路肩が崩れていたり、アスファルトが壊れて砂利道になっていたりのまんま。
松林も流されて、海もこんなに近くにあったのか、という感じ・・・・・(T_T;)

霧雨の中、砂利道になったところを走ったので、タイヤもご覧のとおり【Dトラ子号】・・・・( ̄_ ̄|||)

こちらは【BMW号】・・・・( ̄_ ̄|||)

途中通行止めの箇所を迂回したりしながら、やっと松川浦に到着。
ここで、ピンで来る予定のたけさんに電話してみたら、
「こちら(大崎)は雨でウチにいました。」

・・・・なんとザンネン。次回に期待しましょうね。

松川浦は、1年以上経つのに壊れた港の岩壁も今だ手つかずの状態。
今現在、福島県の漁業は自粛されているので、観光市場も海鮮焼き物店も復活してません。
元の姿を取り戻すにはかなり時間がかかるんだろね。

こちらは原釜地区。ここも建築制限がかかって家々の土台だけが残ります。

松川浦を後にし、国道6号線を戻り、山元町の「田園」(あの「田園」の姉妹店)で食事することにしました。

おおお、写真入り看板には、
「ほっきめし 12月中旬〜4月」
「しゃこめし 5月中旬〜6月」
「あなごめし 7月〜8月」
「はらこめし 9月〜12月」とあります。

果たして放射能の影響や風評被害で、これらの海の幸は大丈夫だったのか?
ワクワクしながら店に入ると・・・。

おおお、なんとメチャメチャ混んでいるではないか!
とくに奥の小上がりの団体さん、みなさんお揃いでハーレーダビッドソンのウエア(黒いのと黄色いの)を羽織ってらっしゃる。
・・・・でも駐車場にハーレー居なかった様な気がするけど。

さて、メニューを見てみると、
ああ、やっぱりしゃこめしとかあなごめしはザンネンながら無いようです( ノω`*)

で、トバちゃんがほたてめし。
炊き込みご飯に一度火を通したホタテが載っています。

ワダスはメニューの写真の豪華さに魅せられ、活穴子海老天丼。
で、穴子は普通ですが、海老の方はかなりデカくて、なかなかのボリューム。

いつぞやのスカイツリーみたいな天丼ほどではないですが、今回のもガッツリお腹に溜まりました(〃 ̄<=3ゲブ
ああ、体が脂っぽい。冷たい麦茶が美味しいぜ。

って、ああっ!しまった!
・・・ジャケット脱いだときの格好、シャツの裾がパンツに入っていて、ただのおっちゃんになっとる・・・!!!!(≧∇≦;)

.......φ(。∀*)☆\(-_-)「ただのおっちゃんやろが!」

ということで、本格的に雨が降り出す前に今回は早めにご帰還。
物置の中で、せっせとDトラ子号をキレイにしました。
早くスカッと晴れ間が戻ってくると良いですなぁ.........((_@ノ¨