涼々ページドリやまページ

トップへ戻る

dream50 りゃん父ドリやま日記

2013/05/12 第107回・・・リトルカブ号で行く、酸ヶ湯温泉ソロツー!

みなさんこんぬづは、りゃん父です。

ここのところ寒さが戻った上に天候も悪く、すっかり桜の時期が遅れてしまった青森市ですが、連休の終わり頃満開となり、現在は散り始め。

桜の名所弘前公園も同じような状態で、連休中に満開の桜を期待してきた観光客のみなさんも、咲き始めの頃に当たった方はチョット残念な結果だったかも知れません。

さて、画像は青森のワダスが住む社宅からの風景。
左の雪をかぶった山々が八甲田。
右端の三角の山はかなり雪は消えましたが、雲谷(もや)ヒルズといって、青森郊外のスキー場です。

今年は八甲田は大雪に見舞われ、酸ヶ湯温泉では2月26日、アメダスによる観測史上最高値の5m66cmを記録。
それでも、この一軒宿に行く人たちのために道路が除雪されるのですからスゴいもんです。

さて、本日は、そうした酸ヶ湯にリトルカブ号で行って見ることにしました。
果たして、リトルカブ号は標高890mを無事に登り切ることが出来るのか?(>∀<;)

社宅の物置からリトルカブ号を出していると、同じ社宅に住むお子ちゃまが寄ってきました。

「バイクカッコイイ!」とおべんちゃらを使いながら自分の自転車を並べてくるので記念撮影。

(*`∀´*)「坊主、早う、補助輪外せるように頑張りな。」
φ(。_*)☆\(-_-)

お子ちゃまの声援を背に、まず始めにやってきたのは、社宅近くの合浦(がっぽ)公園。

お花見シーズンに合わせた春まつりが、本来は5月6日までだったのを本日(12日)まで延長。

せっかくなので、桜も見ておきたいと思います。

ソメイヨシノはかなり散りました。

しだれ桜はかなり花が残っています。

合浦公園を後にし、国道103号線、通称「八甲田ゴールドライン」を南に向かいます。

青森市内の幹線道路は、冬に除雪した雪を道路脇に積み上げるスペースが確保されているので、意外に路肩が広く、リトルカブ号でも他の車の追い越しを気にせず走れるので、非常に走りやすいでつ。

青森公立大を過ぎたあたりは、今が桜が満開。

キレイですな〜(*'-'*)

雲谷スキー場に到着。
いわゆる市民スキー場というやつで、規模は大きくないものの上の方は結構急斜面で楽しめます。

ワダスもかなり昔、わざわざ仙台からスキー板を車に積んで来て滑ったことがありますが、当日はちょうど大晦日。
そしたら、スキー場で働くおばさん達が正月の準備のために早目に切り上げるということで、午後の1時くらいにリフト運転が休止となってしまったという記憶があります。

実にのどかな話です(T . T)

雲谷スキー場からは青森市街と陸奥湾、下北半島まで見渡せます。

八甲田の麓、萱野高原までやって来ました。

後で調べて分かったのですが、ここにある休憩所(通称〜萱野茶屋)の無料のお茶。三杯茶と言われ、「1杯飲めば3年長生きし、2杯飲めば6年長生きし、3杯飲めば死ぬまで生きる。」と言われているそうな。

‥‥‥‥_φ(・_・;)「そりゃ、死ぬまで生きるわな。」

八甲田スキー場のロープウエイ乗り場の所。

駐車場脇にはまだこんなに雪があります。

当然こんなに雪が残っているわけですから、スキーやスノボのお客さんもおります。

とかなんとかアチコチ寄り道しながら、曲がりくねった登りの山道を、3速時々2速までギアダウンしながら、どうにか酸ヶ湯温泉に無事到着しました\(^o^)/

温泉脇を流れる沢の水(お湯)は硫黄の匂いがキツい強酸性。

昔、山の中での出来事ですが、火山性ガスも発生して遭難した人も出たとか。

あなおそろし!

酸ヶ湯温泉のロビーはこんなように実に広々している。

「千人風呂」があるくらいですから、建物も立派な造りです。

当然、土産物屋もありますが・・・・。

やっぱり、自販機の飲み物は運賃上乗せ、高いぜ!

ちょうどお昼近くなったので、旅館と棟続きのコチラの蕎麦屋で昼食をとることにしました。

水やお茶はセルフサービス。

水は八甲田の清水だそうで、とても円やかで喉にひっかかる感じが全くないおいしい水です。

元来、青森市は普通の水道水であっても八甲田の雪解け水を使っているので、水が美味しいと言われております。

本日食べたのは「冷やしとろろそば」。

金木町産の山芋のとろろ(かなり粘りが強烈)と温泉たまごがのっています。

そばは十割そばで、色が白くて細くてやや固め。

十割は固めじゃないとボツボツ切れてしまうんですね。

そばの実の真ん中へんしか使わないので、色白で雑味がなく、いわゆるそばの香りが少ない素麺のような、上品な味。


昔山形で仕事した頃、鶴岡の蕎麦屋さんがこんな感じで、好きでしたね。
ツルツル喉越し良く、たいへん美味しゅうございました♪(^人^)

登りと違って帰りはリトルカブ号でも快適な走り。
結構バンクさせながら帰ってまいりました☆〜(ゝ。∂)

さて、次は青森のどこに行こうか。
十三湖のしじみラーメンか、はたまた泊漁港のウニ丼か・・・。
でもカブで行ける距離なのか・・・・???

近場だったら、西平内のホタテソフトというのもあるんだゾ!!(^-^)/