涼々ページドリやまページ

トップへ戻る

dream50 りゃん父ドリやま日記

2013/09/22 第111回・・・Dトラ子号とBMWで行く、秋の七ヶ宿〜遠刈田

こんぬづは、りゃん父です。
9月は3連休が2回ありますが、最初の3連休は台風18号でさんざんでしたね。
ワダスも初日14日(土)に青森から帰ってきて、16日(月)は台風が直撃する前に動いた方が良いとちゃこPさんに促され、あまちゃんを見終わった朝の8時半には多賀城を出発!
途中東北自動車道では事故も何ヶ所か発生、なんとかかんとか事故による通行止めには遭遇せずに済みましたが、台風による通行止めの方は、いよいよ風雨が強まり、ワダスが走り去った後から次々通行止めになるといった状況で、早目に家を出てホント良かった。
我が家の奥さんの先見性に心から感謝デス!(^人^;)ナムナム

前回はそんな感じで台風で大荒れだったのが、後半の3連休は一転、気持ちの良い秋晴れとなりました。

・・・・ということで、洗濯物を干すのにももってこい!
我が家の庭でも、真ん中奥、ライフお号の後部のあたりに、洗濯物が大量に干されておるね!(^∀^)b

で、実は本日、たけさんにもお声がけしたのですが、メールで返信された答えは「三連休は仕事。」
・・・・・う〜む、3連休でうかれとった自分がハズイ!(*-_-*)
たけさんお仕事大変お疲れさまです。ではでは行ってきますね(^_^)

さて、今回の行き先は、宮城県の南部、七ヶ宿町でソバを食べながら、秋の蔵王山麓を走るというコース。

「出発進行〜!」

ということで、仙台港から南に向かい、仙台市荒浜付近の田園地帯(元)を走行中のトバちゃんBM号。
「元田園」というのは、この辺、津波の被害が大きく、水田は未だに耕作不能。草ボーボーのただの平原のままという状態。
それでも、道路沿いにはプレハブ、しかもベニヤ板で作られたセブン・イレブンなんかが開店。
復旧作業員やワダスらみたいな通行人相手に店を出すところも出てきたわけで、以前に比べちょっとはマシになりました。
本当にほんのちょっと。

途中、コンビニ休憩!
トバちゃんはなぜかロボットダンス風な動き・・・・|(。:o)|カクカクカクカク

海岸沿いを山元町まで来て、ここから阿武隈山地を抜けて、角田市→白石市→七ヶ宿と向かいます。
仙台東道路が山元町まで開通、インター出口から新しい県道が建設されて、従来角田市方面には山越えのクネクネ道だったのが、今ではトンネルをくぐってまっすぐ行けます。

交通量も少なく、走りやすい!
トバちゃんも手を振りながら走っております(^_^)ノ
あぶねど!

角田市では阿武隈川を渡り、もう一つ山を越えて白石へ。

白石市内でDトラ子号に給油。
七ヶ宿までは結構距離あるし、七ヶ宿町にはスタンドが2箇所しかないので、しかも1箇所は町営。祝日は営業してるかどうか不安なので、早めに満タンにしておきます。

白石から西に向かうとすぐに山道になり、クネクネが続きます。

クネクネの連続。

七ヶ宿ダムの脇を走行中、ちょうど水質保全のための噴水が上がっていました。
高さ77m、拡散(ヨコ)50mもあって、水面の温度を下げて、プランクトンや藻の異常発生を防止したりする役目なのだそう。
ちなみにこのダムの水、我が多賀城市での飲み水でもあるんだよね。

ダムを越えるあたりからは、一気に山の風景。奥羽山脈というやつです。

で、滑津宿(なめつじゅく)にある茅葺き屋根の蕎麦屋「吉野屋」に到着。
この「吉野屋」は蕎麦屋としては創業30年ほどなのですが、店としては江戸時代から続いていて、昔は参勤交代の時にお酒や飯やワラジなんかを売っていたのだそう。

店の向かいには大名が本陣として宿泊した「安藤家」という、こちらも茅葺き屋根の立派な住居が残っております。
どーでも良い話ですが、その「安藤家」、ワダスの同級生の実家(現在は母親だけが住んでいるらしい。)。

では早速、吉野屋の店内へ。
入り口すぐは土間のテーブル席がありますが、ワダスらは座敷席へ上がらせていただきました。

昔の宿場の写真だったり、仏壇だったり、ご先祖さんの遺影だったり、木彫りの大黒さんと恵比寿さんがあったり、旧家の風情、生活感がありますな〜(; ̄ゝ ̄)

「何食べよっかな〜」のトバちゃん。

どーでも良い話ですが、後ろの柱の電気のコードを留めるために貼られたガムテープが手でちぎった雑な感じでよろしい。
障子の所に下げられた象柄の暖簾は東南アジア土産か?

障子の向こうは、土間が奥(一応お手洗いとなっています)まで続いていて、町家造りのようになっています。
・・・・ほうきもいっぱい下がっていて、ホグワーツ魔法魔術学校なのか?

ということで、注文したのは「天ざる」(1,350円)

そばの付けつゆには、地元で採れる天然ワサビを入れます。
どーでも良い話ですが、この店で使っている天然ワサビ、ワダスの知り合いのおばさん家で作っているらしい。

この天然わさび、茎と根がみじん切りにされて漬けられたもの。この辺の特産品となっているのですが、少量入れただけでも非常に辛い!(*T◆T*)
辛味大根より効く感じ!

天ぷらは、野菜と山菜の七品盛り。季節ごとに種類が変わります。

本日の天ぷらは「秋」なので、コチラ。
とくに珍しかったのは、あけび(皮の部分)とワラビ。

食用菊の花の部分まるまる1個の天ぷら。
菊はおひたしや酢の物とかでは食べますが、てんぷらはなかなか食べないので、こちらもやや珍し。

漬け物も菊と茄子。
漬け物の菊は紫色ですが、これは「新潟」や「山形」が産地の「延命楽(エンメイラク)」という品種で、天ぷらの方の黄色いのは「八戸」が産地の「阿坊宮(アボウキュウ)」という品種なのだそうです。
ぜひ、何かの際に誰かに言ってみそ(^_^)b
よく刺身のつまで添えられる黄色く小さいのは「小菊」。あれはあまり食べたりしませんね。

完食のワダス。
いつぞやのスカイツリーみたいな天丼ほどではないですが、今回のもガッツリお腹に溜まりました(〃 ̄<=3ゲブ
ああ、体が脂っぽい。

って、ああっ!しまった!
・・・髪が変なクセ付いたままじゃないか・・・カッチワルッ!!!!(≧∇≦;)

蕎麦を食した後、ワダスらは七ヶ宿から蔵王の不忘山(ふぼうさん)の中腹を走る県道51号線経由で遠刈田に向かいます。
今日本当は晴れの予報のはずが、この辺、さすが蔵王の中腹というべきか、すっぽりガスの中に入ってしまいました。

牧場もこんな感じ。
この辺の黒毛和牛は、おそらく蔵王牛か山形牛と呼ばれる品種なのでしょうか。
仙台牛というのもありますが、あちらは日本で唯一肉質等級が「5」だけの超高級ブランド牛。
黒烏龍茶のCMで出てきますね。

あまり記憶ないのですが、ウチの奥さん曰く「ウチでも仙台牛ですき焼きもやったことがある」のだそうです。

・・・・しかしこの天気、大体、いままで蔵王方面で降られたことは一度や二度ではありません。
いつぞやは大雨で掘っ立て小屋で雨宿り、はたまた農協の倉庫でも雨宿りしたこともあるし、バーキューをやった際はガスの中で視界不良だったり、この付近は標高があるのも原因なのでしょうが、雲の通り道になっているのでしょうね。
雨に当たるケースが多いです(´゚ω゚`)
午前中の快晴がウソのような暗い空(__ __|||)ドヨ-ン・・・。

遠刈田の蔵王酪農センターのチーズ製品直売店に到着。
さすが3連休の真ん中、店内は観光客でいっぱい!

ソフトクリームは直売店向かいのチーズ料理店で買うことが出来ます。

蔵王産牛乳と生クリームを使ったチーズ工場産自家製ソフトクリーム。
濃厚なのにさっぱり♪(>∀<)

ということで、ソフトも食ったし、天気も心配なのでそろそろ帰ろっか?

で・・・・おおおお、そしたらやっぱりポツポツ降ってきたぜ。

でも早目の判断が功を奏し、この後は雨に降られる事もなく、無事我が家に帰還できましたv('▽'*v)

【PS1】たけさんも是非次回は一緒に行けると良いですなぁ(^_^)
【PS2】この日の晩ご飯、奥さんがポークステーキや芋煮とかいろいろ作ってくれたのですが、昼の天ぷらの後遺症でお腹がもたれて食欲が湧かず、さっぱり食が進みませんでした。
申し訳ないっ m(@´ё`@)m

・・・・・・お構いねぐ!