涼々ページドリやまページ

トップへ戻る

dream50 りゃん父ドリやま日記

2014/09/15 第120回・・・マジェス子号とBMWで行く、本場、秋田県湯沢市に稲庭うどんを食べに行くツー!

(・∀・)みなさんこんぬづは、りゃん父です。
9月が3連休と飛び石の連休がありますが、最初の3連休の最終日、BMWトバちゃんのリクエストにより秋田県湯沢市へ稲庭うどんを食べに行ってまいりました。
で、なぜ秋田県湯沢市かと言うと、四国の讃岐うどん、名古屋のきしめんとともに、日本三銘うどんの一つ、稲庭うどんの発祥の地が秋田県湯沢市(旧:稲川町)稲庭地区。
江戸時代から一子相伝、門外不出の手作業による伝統の製造方法で代々作られてきた逸品なのですね。

で、この稲庭地区にはうどんの製造元が何ヶ所かありますが、その中でも特に有名なのが、「佐藤養助商店」
秋田県内だけでなく、東京や海外まで直営店を展開する老舗中の老舗。
ということで、本日は、その佐藤養助商店の総本店に行ってみることにしました。

とか言いつつ、本当はトバちゃんのお友達が佐藤養助商店の総本店に勤めていると言うことなので、行ってみるべというのが本当の理由。
なんか、その程度の理由だったのに、グダグダ能書きたれちゃったなぁ・・・・すみませぬ(*^人^*)

秋田県湯沢市、宮城県と隣接しているとは言え、結構距離があり、しかも途中山越えがあります。
昔、秋田県の本荘市(現:由利本荘市)というところで勤務したときは、本荘市が海沿いだったこともありますが、国道108号線経由で我が家まで片道3時間45分。湯沢市稲庭地区はそれより若干近いとは言え、幹線から山の中に分け入るため、3時間以上はかかることが想定されます。

ということで、少しでも時間を短縮するため、我が家を出発し、仙台港北ICから仙台北部道路に乗り、東北自動車道で古川まで行き、そこから鳴子〜鬼首〜横堀(旧:雄勝町)を通り、行くことにしました。
マジェス子号もまもなく1,000km。慣らしも終了の時期を迎えたので、高速でバビューンの100k/m走行も当然大丈夫なはず。

それでは、Let It Go♪  ・・・だから、ソレ意味ちゃうって。

富谷JCから東北自動車道に合流。
BMWトバ号もバビューン!

あっという間、と言っても40分くらいで古川IC到着。
ETC装備のないワダスらカードで別納するものの、出口でちょいとモタモタ時間が掛かります(^┰^;)ゞ

鳴子温泉入口のスタンドでマジェス子号に給油。

マジェス子号、タンク容量は7.4L。給油口はフロントのハンドル下にあり入れやすいのですが、いわゆるフィラーチューブが給油口のすぐ奥から手前(ステップ側)にほぼ直角に曲がった構造になっているため、ガソリン面がチューブ内を奥から上がってくるのが分かりにくく、吹きこぼれしやすい(一度セルフでやっちゃいました。)ので、店員さんにはゆっくり慎重に入れてもらっています。

前回5月以来の鬼首。
国道108号線、通称羽後街道は本当に緑が美しい♪

国道108号線を県境まで登り詰めると、そこからはトンネルの連続。
途中の曲がりくねった山道とは違い、直線に近い緩やかなカーブの道となり、一気にスピードも上がります。

宮城と秋田の県境のこれらのトンネル。全部で7本のトンネルが連続しておりました。
これが出来る前の旧道は、現在仙秋サンラインと呼ばれている道ですが、それこそ本当にクネクネの道だったので、トンネルの完成で時間と距離がかなり短縮されたものの、それでもかなり遠いことには違いありません。

県境の長いトンネルを抜けると、

雪国であったのっス。

………φ(。_*)☆\(-_-)

まだ雪はありませんが、道路の両脇の赤白のポールは、積もった雪を除雪する際の作業者が目印にするもの。
こんくらい降るんですよ、雪国は。

山から下りて平坦な場所に出ても、まだありますね、ポール。
これ、正式には道路除雪スノーポールと言うみたいね。

我が家を出発して2時間半、国道13号に合流しました。信号は少ないし走りやすいので、思ったより掛からなかったけど、やっぱ結構遠いです〜。

ここからはBMWトバ号が先導。
国道13号線横堀バイパスを湯沢市内に向けて走ります。

湯沢市の市街地に入り、美酒爛漫(会社名は秋田銘醸)の工場の所を右折、国道398号線を山に向かって走ります。

マジェス子号の運転席?からの眺め。
スクリーンの下端に貼ってある青のラインの入ったシールは「注意書き」。
「フロントスクリーンが歪曲しているため、バイクを停車時に太陽の向きを注意しないと、光を集めて発火してしまうかも知れない。」みたいなことが書かれてあるので、忘れないよう剥がさないままにしております。

ということで、やっと稲庭地区に到着。

前を走るトバちゃんが、走りながら見ているところは、佐藤養助「本店」。元々はコチラが本店でしたが、近くに「総本店」を構えたため、本店の方は観光バスの団体客専用での営業です。

で、片道150km。3時間半をかけて、七代目佐藤養助総本店に、、、、

キタ━━━━━━ヾ(*≧∀≦*)ノ━━━━━━ッ!!!

三連休の最終日なんで、空いているのかな〜なんて思ってたけど、なんのその、クルマもバイクもいっぱいじゃねえか♪

店舗の入り口前には、順番を待つ家族連れの子どもたちが、アイスを食うのに夢中じゃねえか♪(≧∀≦)

館内に入り、レストランの予約の紙に名前と人数を記入。
ワダスらは9組目でした。

館内はレストランの他に、お土産品のコーナー、観光案内のコーナー、うどんの工場の見学もできます。

ではレストランの待ち時間を利用して、早速製造工程を見学してみましょう。

【1 左上】「練る」〜手で生地を練り、熟成後生地を台の上でのばして、同じ幅に切り、角をとるように転がし、ひも状にして、桶に渦巻状に入れます。
【2 右上】「手綯い・延ばし・乾燥」〜ひも状の生地を均等の太さにして2本の棒にあやがけし、熟成後、つぶしに入ります。けたにかけて、手でさすりながら延ばし、中までしっかり乾燥するように一昼夜乾燥させます。
【3 左下】「選別」〜裁断したうどんを目と手で確認し、均一にゆで上がるように、丁寧に手作業で選別します。
【4 右下】で、最後店舗に並べられました。高い品だと、贈答用桐箱入りの2,400g(一束80g×30束)が10,800円(税込)だそうです。

20分くらい待ったところで、やっと名前が呼ばれました。
ワクワクで喜びが隠せないワダス。

ああっ!しまった!
・・・3連休なので前日床屋さんに行って髪を切ったのが、ヘルメットで押しつぶされてペッタンコになってるし、てっぺんだけ髪が立っていて、西川のりおのオバQみたいなおっちゃんになっとる・・・!!!!(≧∇≦;)

.......φ(。∀*)☆\(-_-)「だから、おっちゃんですって!」

「何食べよっかな〜」のトバちゃん。

せっかく来たんだからさ、高いの食べようぜ。

ワダスらが注文したのは、温かい温麺と冷たいせいろが一緒になった、「味くらべ天ぷら付」1,860円!。

個人的にはソバもそうですが、冷たいせいろがコシがあってボリュームもあって、実に美味しかった〜♪

ところで、トバちゃんのお友達、来る途中で連絡したら「本日は休暇」らしいのですが、それでもわざわざ店というか会社まで来てくれるとのことで・・・・・。

えええ?そしたら友達って女性だったの?

てっきり男とばかり思っておりました(*^∀^*)ふふふふふふふふ。
・・・・・どーゆーお友達かは詮索しませんが、とりあえず奥さんには内緒にしておきますね(;¬b¬)。
いいの、いいの、オッケー、オッケー、口固いからダイジョーブ♪

ということで、稲庭うどんを食べた後、帰りは国道398号線で小安峡(おやすきょう)を通り、宮城県の栗原市築館(つきだて)から4号線で仙台に帰るルートにしました。398号線は岩手内陸地震でかなり壊れた上、冬期間は通行止めになる道路ですが、修復されて通行止めや砂利の箇所もなく、問題なく通れそうです。

で、小安峡にかかる橋の上にやってまいりました。

こちらが小安峡の眺め。
かなりの高さがあって、橋の欄干から下をのぞくと、膝や腰、下っ腹のあたりがザワザワして、あまり良い感じがしません。
ほんと、こえぇよ〜(>_<)

国道398号線を快調に登るワダスたち。紅葉の季節はサイコーだべな、きっと。

どれくらいな急な登りかというと、今、ワダスは画面に左に向かって走っていて、右手を見上げると高いところを橋桁の道路が走っていますが、これからワダスが右にヘアピンを曲がると、あの高い位置を登っていくわけです。
かなりな急坂でしょ。

こうして無事山越えをして、宮城県の栗原市の道の駅「路田里はなやま」に到着しました。
ま、どーでも良いのですが、路田里ってロータリーと読むのだそうです、一応(^_^;)

ところで、ここもバイクがいっぱいじゃねえか♪

でっかいのだけじゃなく、こんなのもおりました。
手前はホンダのベンリイCD90?(シートがタンデム用になっている。)、それとモンキー。
この2台も山越えをしてきたようです。たいしたもんだ。

ということで、本日は総走行距離300km超。出発がいつもの時間だったので、日が短くなったこともあり、我が家の近くまで来ると、すっかり日没の時間となりました。

【PS】ところで、我が家のマジェス子号。本日走っている途中から、「OIL CHANGE」のワーニングランプが点滅しっぱなし。
エンジンオイルは1ヶ月点検の際に、オドメーターで520km時点で交換したばかりだから、万一のオイル漏れも疑って、レベルゲージで測ってみても特に問題なし。そのまま、最後まで走って帰ってきました。
で、帰宅後、取説で調べたら、なんと、最初の1,000km時点で自動的に点灯し、リセット後、2回目からは3,000km毎に点灯する仕組みになっているようです。
なかなかの親切設計というか、知らないと焦りますが、実に便利な機能になっているのですね(^_^)v