涼々ページドリやまページ

トップへ戻る

dream50 りゃん父ドリやま日記

2015/05/05 第123回・・・マジェス子号とBMWで行く、松川浦と新緑の阿武隈山地を走るツー!

みなさんこんぬづは。
今年は桜の開花も早いと思ったら、4月下旬からは夏のような暑さ。山形なんて29℃までなりましたからね。
まだ、クールビズも始まっていないのに、なんなんだよコレはって暑さです(;ーωーA
我が家の庭のケヤキも、前回のツーリングの4月19日には、まだやっと新芽が出てきた状態なのに、現在はすでに若葉でいっぱいになりました。

【脚注】1.山形でのクールビズは5月1日開始で、4月下旬はまだ始まっていないどころか、クールビズ用のシャツも持って行ってない。

今日はボビたんもちゃこPに抱かれてお見送り。
「気をつけて行ってらっさ〜い。」
「・・・・おい、爪伸びてんな。切ってもらってこ。」

【脚注】1.ちなみに、人間の場合だと、ヒマだと爪ばかり伸びて、忙しいと髪だけが伸びると誰だか偉い人が言っていた(ホンマか?)。

さて、今日はどこを目指すかというと、まず、海方面は昨年、ワールドカップやってた日、南三陸のウニ丼食べに行ったけどまたって感じ。
山方面は蔵王だと、エコーラインが当初4月24日から冬期閉鎖が解かれ開通予定だったのが、火口警戒警報が発令され入山規制が敷かれたために、開通は無期延期中。
鳴子だと「こどもの日」にちなみ、ダムの放流に合わせて鯉のぼりを泳がす「鯉の滝のぼり」をやってますが、ただそれだけ。
ということで、今日は常磐自動車道の全線開通で最近元気のある、福島県沿岸部、相馬市松川浦から霊山を抜け、福島市に出てそこから戻る、いわば第63回を逆に回るルートにすることといたしました。

・・・・・・・・ただそれだけ。

我が家から仙台港〜名取市閖上〜仙台空港〜亘理町〜山元町とやってまいりました。
都市部は津波被害からの復旧が早かったのに、この辺はいまだ何も変わっていませんね。
他の地域では防潮堤やかさ上げ道路の工事が進んでいたり、田んぼの除塩が行われて耕作が始まったりしているのに。

で、山元町から福島県新地町に入る辺り、おおお、やっぱまだ「通り抜けできません」の看板が。震災後4年も経っているのに道路も復旧せずか。

地元の細い道を走る灯油配達のトラックを見つけ、その後を追っかけて、無事国道6号線に戻りました。

福島県沿岸部は、国道6号線を走ると、発電所がとても多く見られる地域です。
画像は新地発電所。
福島沿岸部の発電所を北から順に言ってみると、新地発電所(新地町)、東北電力原町火力発電所(南相馬市)、東京電力福島第1原子力発電所(大熊町)、同じく福島第2原子力発電所(富岡町)、同じく広野火力発電所(広野町)、サミット小名浜エスパワー小名浜発電所、常磐共同火力勿来発電所(ともにいわき市)と7つもあります。
同じ海に面していても宮城県は仙台火力と新仙台火力と女川原発の3つのみ、半分もないのです。
立地が良いのか、土地が安いとか、なんでだろーなんでだろー。

そうこうしているうちに、相馬市から海側へ舵を取り、松川浦に入りました。

まだ一部工事中ではありますが、地盤沈下し海面とスレスレだった道路も、かさ上げしてキレイに舗装し直しております。

で、到着したのは、相馬と言えばタコ、タコと言えば(有)カネヨ水産、が経営する食事処「たこ八」。
ちょうど11時開店なのですが、10分前に到着してもすでに駐車場はクルマでいっぱい。
レストランは10組待ちの状態でした。

海鮮焼き物のテント。イカぽっぽ、エビ、ツブ、ホタテがどれも500円。
これから食事をするので、珍しくエビを注文しましたが、食べるところが少なくて、やっぱりツブにすれば良かったじょ(T_T)

こちらは食事処に隣接する直売所。
おお、ちゃこPの大好物、鮭トバイチローが売っている!
大きいパックの方が、250g1,150円。

ということで、ちゃこPへの土産に、鮭トバイチロー250gとイカの七輪焼を購入。

レジの担当はミッキーのエプロンが意外にお似合いの「うめちゃん」(従業員仲間の他の女性がそう呼んでた。)。

・・・・・梅ちゃん先生だったら良かったけどね。堀北真希みたいな。

.......φ(。∀*)☆\(-_-)ソーユーコトイワナイ。

やっとレストランから名前が呼ばれて、中へ。

写真は、「何食べよっかな〜」のトバちゃん。
ま、一番のオススメ「ホッキ飯定食」1,188円なんじゃないの?

店の名前が「たこ八」なので、店内のアチコチにタコが飾られています。
でも、脚、7本しかないぞ。

・・・・・・どーでもいいけど。

こちらが、ホッキ飯。味噌汁はアサリ。

冬の味覚、ホッキは、12月から5月いっぱいが小栗旬。
身も柔らかく、炊き込みご飯も美味しいよ♪

ということで、食事も終わって記念撮影。

おお、そしたら駐輪場。最初ワダスら2台だけだったのが、いつのまにやらハーレーやらドラスタやらに取り囲まれてしまっているぞ。
バイクが多いのは、さすがゴールデンウイークだな。

松川浦を後にし、相馬市内を抜け、国道115号線を福島市に向かいます。

途中建設中の、常磐自動車道と東北自動車道を結ぶ復興支援道路の「相馬福島道路(自動車専用道路、開通後は無料)」が見えます。

阿武隈山地を横断する国道115号線は、海岸部の相馬市から来て市街地が終わると、ほどなく、急勾配の登りが続く山間部に入ります。

新緑が鮮やか。冬は路面が凍結し事故多発する路線(ですから相馬福島道路を建設しているわけ。)ですが、この時期は本当に快適なルートです。

緑のトンネルもあります。

幅が狭い上に急カーブの連続。走って楽しい、でも飛ばしすぎ注意のワインディングロード(マジェス子号はドリやま号ほどカーブで倒せない。)。

で、霊山町に入り、やってきたのは「まきばのジャージー」。
おおおお、随分と人が並んでいる。

三角屋根の看板がカワイイ。
牛がソフトを舐めている。牛の目がキラキラしてまつげも長い。
基本的に草食動物は、危険を察知するために目が出ていて、それに伴ってまつげも長いのだそうで、キリンやシマウマとかもそうですよね。

(なんだ、つけまつげとかマスカラじゃなかったんだ。)

注文をするトバちゃん。
店員のおねいさんは、男と女の違いはあるにしろ俳優の北村有起哉にクリソツ!

.......φ(。∀*)☆\(-_-)

で、ワダスらが食べたのは、ソフトクリームの大きい方「ロイヤルコーン」。
この大きさで、たったの260円!やっすぅー!!

美味しいソフトを食べ、再び国道105号線を福島に向けて走ります。
途中、下り坂に差しかかるたび、福島の市街地が眼下に広がります。
ただし、下り坂の路面の舗装がガッタンガッタンとお尻に響いて、とても痛いのよ。
まるで、バイクのショック(アブソーバ)の試験走行みたいだ。

ということで、福島市内で国道4号線に入り、ここから北に向かいます。
この辺になってくると、実は前々日のライフお号のボディのサビ〜パテ埋め塗装自分で修理、前日の手作りギョウザ52コ〜白菜・ニラのみじん切りに始まって、最後皮包みまで一人でやってのけた、の影響から肩が凝って肩が凝って、デジカメで写真を撮る余裕もなくなってまいりました(*^人^*)

ということで、最後、宮城県南部の大河原町まで来て休憩。

「ねえ、ねえ、今度どこ行くの。」
「そうねえ、どこがいいかしらねえ。」
とヒソヒソと会話しているみたいな2台。

ところで、ちゃこPさんにと買ったつもりの、鮭トバイチローとイカの七輪焼。ちゃこPの指示で実家のりゃんバーちゃんへの土産になってしまいました。
その代わり、りゃんバーちゃんから塩蔵ワカメと塩蔵茎ワカメを物々交換で貰ってきましたが、やっぱり鮭トバイチローとイカの七輪焼には敵わんやろ。
ああ、ケチらずもっと買ってくれば良かった!(*≧∀≦*)

(肩凝り直ったらまた行けば?)