涼々ページドリやまページ

トップへ戻る

dream50 りゃん父ドリやま日記

2016/04/10 第134回・・・ドリやま号で行く、恒例お花見ソロツー!

みなさんこんぬづは、りゃん父です。
今年もツーリングの季節がやってまいりました。
まず今年最初のツーリングは毎年恒例、「柴田・大河原一目千本桜」のお花見ツーから開始です。
ここまでくるともう恒例というか伝統行事というか、村の古いしきたりみたいなもんです。

ということで、伝統とか伝説とか言えば、レーシングマシンCR110のレプリカ、今年18年目のドリやま号で、行っちゃえ、お花見レッツラゴーだ!

・・・・・・・・・。

あれ? ところで、いつものBMトバ号は・・・・?

実はトバちゃん、この4月に転勤で北海道に行ってしまいました。
さよならも言わずに行っちゃった・・・・(ノ△-。)

………φ(。_*)☆\(-_-;)言って行ったぞ。

こうなりゃ、トバちゃんが北海道に居るうちに津軽海峡を越えて北海道ツーリングでもやってやるか、おい?

ということで、ソロツーだとほとんど途中休憩せず、一気に柴田町船岡城趾公園に到着。
以前はバイクだと公園の山頂近くまで登れたのに、最近は駐車場入口近くが駐輪場。

今年の桜は暖冬のせいで、いつもより開花が10日くらい早い感じ。
すでに満開。
けっこう朝早くに出てきたのに、すでに町中は渋滞、クルマの駐車場も満車に近い状態です。

ではしばし、船岡城趾公園の桜をどーぞ。

【左上】駐車から公園に続く坂の登り口付近。いわゆる桜坂ってやつですな。
【右上】坂の途中。枝の間に見えるのは駐車場のクルマ達。
【左下】城趾公園の門。門の中は広場になっていてイベント等を開催しています。
【右下】門の向いから先はモノレール(スロープカーと言うのだそう)の乗車駅方面に続きます。

【左上】スロープカーの乗車駅と山頂の観音像。
【右上】乗車駅周辺の桜。午前8時以降は身障者の方に限ってここまでクルマで登って構いません。
【左下】公園から下る途中の桜。
【右下】桜の花のアップ。本当に満開だ。

石碑かなんか建っていたので、その上にデジカメを置いてセルフタイマーで地鶏、じゃなくて自撮り(*´∀`*)
どーよ。

時間が早く(この時でファイルのデータでは午前8時45分でした。)、毎年楽しみにしている串焼き屋もまだ「準備中」。
マジで残念だ。

お店のおねいちゃんにいろいろ話しかける交通整理員のオッサン。

あんまり話しかけんなー!今準備中で忙しいんだから、店開くのますます遅くなるべー。

ソフトを食べようかと思ったら、レストハウスの方もまだ「準備中」。
ちぇっ、確かにソフトも柱に隠れてやがる。(みたいに見える。)

船岡城趾公園から下り、今度はJR東北本線沿いの一目千本桜の見える場所に移動しました。

そしたら、線路沿いにカメラを構える撮り鉄の皆さんによる人だかりが出来ていました。
なんでここだけこんなにおるん?ここが一番良い場所なんだろか。

列車が来たらこの皆さんどんな風に行動するか見たくて、ワダスも10分くらいこの場で待っていましたが、なかなか列車が来ませんので(ワダスは)諦めて移動しました(^∀^)

こちらは白石川河畔の大河原桜祭り会場の駐輪場。
ちなみに、隣のCB750、2年前にも見かけたのと同じバイクなのかなぁ?

桜祭り会場の河川敷にはたくさんの花見客が。
(・・・・実は知人も何人かおりました(@´ё`@))

先ほどの船岡城趾公園の「準備中」の串焼きのリベンジで、並んだ屋台をブラタモリ。
焼きそばとかお好み焼きは定番なんだけど、なんか面白いの無いかな・・・・

と探していたら、これ。
じゃがもちフランク。「スパイシーなフランクのまわりに、じゃがいもを練りこんだお餅をトルネード状に巻きつけ ました」というのが謳い文句なんだって。
・・・・じゃがもちがドーナツみたいな固さで、フランクの柔らかさと格差があって意外に一緒に噛みきれないので、口の周りがケチャップ&マスタードだらけになったぞ。名付けてケチャマス。(チャゲアスみたいだ。)

桜も(フランクも)十分に堪能したので、本日の最後の皇帝、じゃなくて工程、柴田町の「みそ丸麺次郎」に行ってみたら、11時30分開店で、まだ1時間半もある。
だったら帰り道にあって同じ味噌ラーメンの店、岩沼市の「麺光」だったら、ここから30分くらいかかって、そんなに待たなくても済むかも。ということで移動。やってまいりました「味噌乃藏 麺光」

そしたら準備中の店内から見えたらしく、店の大将が出てきて、
大将「これ新車?」
RC※「いえいえ、もう18年経ちます。大将もバイク乗ったりされるんか?」

※ RC=りゃん父

大将「そんならオラのも見せてやっから。」ということで、大将、店の準備ほったらかしてキーの束を持ってきて、店舗に棟続きの倉庫の引き戸をガチャガチャと開け始めました。

RC「おお、良いのですか?ほんなら時間つぶしということで、ちょっくら拝見させていただきやす〜♪(=^人^=)」

戸を開けて、ほこり防止のシーツをにぎにぎしく剥いでみると・・・・・。

なんと、横置き直列6気筒、RC166のレプリカと言われる、ホンダ70年代のレジェンド「CBX1000」号でございました。
CBX以外にも、ただ今充電中のKawasakiの・・・とか、エルミネーターの750が2台、250が1台、YAMAHAのDT50もありました。

大将もかなりコアなバイクマニアだったのか〜。

で、大将と話し込んでいて、準備中の店の方はダイジョーブなのか?と心配していたら、ちゃんとバイトの皆さんで準備。暖簾を出して無事開店となりましたd(^_^;)

当然一番乗りなので、カウンター席に。
ここのオススメは、備長炭で焼き上げたチャーシューとたっぷり野菜の赤味噌仕立ての「菜光麺(サイコウメン)」。

こちらが菜光麺。では早速いただきます(*^人^*)

見事に完食〜♪(/◎\)

ということで、今年も水戸黄門ばりの超安定した筋書きで始まったツーレポ。果たして今年はどんなドラマが待っているのか?

(そば屋の食べレポみたいなドラマじゃないのか?)