涼々ページドリやまページ

トップへ戻る

dream50 りゃん父ドリやま日記

2017/06/11 第147回・・・マジェス子号で行く、初夏の白石小原・材木岩〜新規開拓手打ちそばソロツー!

みなさんこんぬづは、6月に入りいよいよ関東甲信地方まで梅雨入りしましたが、東北地方はまだ梅雨入り前、朝から気持ちの良い青空です。

我が家の庭のケヤキもご覧のように非常に濃い日陰を作ってくれています。
ケヤキ以外の木もアメリカナラやグミ、エニシダも葉っぱを密生させて緑一色になりました。
隣家との境に植えられたコニファーは、中にはもともと室内観賞用の鉢植えだったのを庭に植え替えてみたら、こんなに大きく育ってしまったのもあって、想定外に土壌との相性が良かったのでしょうね(^∀^)

さて今日は、酒のやまやの瓶・缶回収ボックスに空き瓶を捨てに行く・・・・。

だけでは当然なくて、瓶捨て経由、宮城県白石市の郊外、国の天然記念物「小原の材木岩」のところにある手打ちそばの店「小原なごみ茶屋」に行ってみることにしました。

ちなみにですが、コンビニフックがあるって便利だわね(・∀・)b

国道4号線を南下し白石市に入りました。
天気も良いし快調な走りです。

国道4号線を下りて、七ヶ宿方面に向かいます。

しかし、こんなに天気が良くて最高の行楽日和なのに、全然人影がありませんね。まるでダーツの旅みたいだ。

材木岩に行く前に、白石城主片倉家の廟所を見学します。

正面の林を上った所に一般の墓地があり、その脇を上った一番奥に片倉家の歴代城主の墓があります。

林の中の階段を上ります。

柵の柱にデジカメを置いて自分撮り。
10秒のセルフタイマーをセットし、カメラの正面に戻って笑顔を作るというは意外に難しい(*^^*)

こちらが片倉家の廟所。
正面に見えるのが、初代景綱(かげつな)の阿弥陀像だと思われます。

片倉景綱は、通称は小十郎、「独眼竜正宗」では西郷輝彦が演じました。

でも、西郷輝彦は昔、なぜか御三家(+幸夫と一夫と三人で)と呼ばれましたけど。(だからなに?)

材木岩に向かう国道113号線は昔は七ヶ宿街道と言って参勤交代で使われた道がありましたが、ダム建設で昔の街並みがダム湖に沈んだため、新しく作られたバイパスのようなもので、カーブも緩くとても走りやすいのです。

(!!!`Д´)おおおっ!材木岩発見!?

........φ(._*)☆\(-_-)

ただの材木置き場でした(^┰^)ゞ

ということで材木岩公園駐車場に無事到着しました。

おお、デカいバイクも何台か来てますね。

公園の中には身障者の方以外一般車両は入れません。
緑の中を徒歩で参ります。

こちら高さ/約65m、幅/約100mの小原の材木岩。
こういうのを石英安山岩の柱状節理(ちゅうじょうせつり)と言うのだそうです。
先の東日本大震災の地震の揺れで一部が崩壊し、以前とは表情が異なってしまいました。

材木岩をバックに自分撮り。

・・・・しかし日差しが強烈だから白く飛んだとは言え、随分と額が広く見えます、というか広くなりましたなぁ・・・・・。

まるで、細川たかしのようじゃないの。
・・・・・なんという悲しい話なんだ、とほほ。

公園内には噴水もあったりします。

大きい噴水もあります。
周りの山を借景にして景観も素晴らしいです。

で、公園の向かいにあるこちらが、手打ちそばの店「小原なごみ茶屋」

外観は、公園内に復元された検断屋敷(けんだんやしき:旧木村家住宅)と同様に江戸時代を彷彿させる造りになっています。

こちらは、なごみ茶屋の隣に建つ地場産品の直売所。
こちらも検断屋敷と同様に江戸時代を彷彿させる造りになっています。
では、その検断屋敷とやらの画像は?

・・・・ないのです(^┰^)ゞ

........φ(._*)☆\(-_-)
はあ?何しに行ったんじゃ?

ということで、「小原なごみ茶屋」に入り(結構混んでました。)注文したのが、十割そばセット。
十割そばのざるに、天ぷら・そばはっと汁・漬け物が付いた品。1,300円也です。

はっと汁は、練ったそば粉を千切り、けんちん汁のように野菜などと煮込んだものです。

お店のおばちゃん、「熱いから気を付けてね。」と注意喚起してくれました。ありがとうございます。

十割そばは細切りで弾力性があって、つゆも美味しくて、うまいっ!

天ぷらは野菜が中心で若干油っぽくて(油が切れてなくて)ちょっと気になりました。天ぷらなしのそばだけの方が非常に印象が良いかも。

なごみ茶屋を後にし、細い山道をクネクネ登ってやってきたのが「飛不動尊」。

なんで、飛不動尊かと言うと、文禄3年(1594)4月、不動堂が火事になった際、ご本尊が自ら飛び出し、堂の裏にあった岩窟に入って災厄を避けたとの言い伝えがあって、それ以来飛不動といわれるようになり、さらに享保16年(1731)9月に大地震が起きた際にも堂の一部は巨岩に押し潰されたましたが、ご本尊と僧侶は怪我もなく無事だったことから、諸大名が参勤交代の途中この不動堂に寄り道中安全と藩内安全を祈願したのだそうです。

ということは、ワダスのようなモーターサイクリストにもご利益がありそうですね。

間もなく東北も梅雨入りなのでしょうが、その晴れ間にも走れると良いですなぁ。

・・・・・できれば週末に晴れてほしいよね。(週末が天気悪い時って多い気がしませんか?)