涼々ページドリやまページ

トップへ戻る

dream50 りゃん父ドリやま日記

2018/11/03 第161回・・・ドリやま号で行く、紅葉探しの薬莱山〜今日から新そばですソロツー!

みなさんこんぬづは、りゃん父です。

今年も早いことに、いよいよ11月になってしまいました。
先週はハロウィンで渋谷はかなり盛り上がったようですが、軽トラックが横転させられる騒ぎまで起きた模様で、軽トラが欲しいワダスとしては、若干複雑な心境ですなぁ(ーー;)

そんな中、SMSでBMWトバ号を誘ってみたら、「今週は用事あり。」
ゴルフか?はたまた会社のレクでソフトボールか?それともボウリングか?
ということで、今週末は土日とも天気が良いので、トバ号抜きのソロツーで行くことにいたしました。

BMWと一緒でなければ、下道をマイペースで行けるので、久々にドリやま号で出かけます。
久々ではありますが、毎週のようにエンジンをかけ、ワックスとプレクサスとシリコンスプレーで磨き、タンクも錆が出ないよう常にガソリンを満タンにしておりますので、いつでもスタンバイ・オッケーなのであります。

本日は、ちゃこPさんも早朝からノルディックウォーキングに出かけておりますのでN坊号も不在。
さて、どこに行こうかと考えましたが、我が家のケヤキもきれいに色づいてきたので、本日は山の方へ紅葉でも見に行こうかと思います。

ということで、薬莱山と、その麓にある手打ちそばの店「宗右衛門」に行ってみることにしました。

途中、コンビニで休憩。

今日は仙台の予想最高気温が19℃、高気圧に覆われ快晴です。

実は、寒さ対策として裏ボア付きのカーゴパンツと、その下にはタイツまで履き、ライダージャケットも夏用からオールシーズン用に着替えてきましたが、本日は10月中旬並みの気温ということなので、多少暑いかも知れません。てことで、こまめな水分補給が必要です。

ということで、購入したのはレッドブルのエナジードリンク。

実は最近季節の変わり目ということなのか、アレルギー症状で鼻詰まりがひどいので、鼻炎薬を服用したりすることがあるのですが、薬によっては眠気をもよおしたりするので、

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」ヾ(*`Д´*)ノ"(チコちゃん5才)

ということで、カフェイン+アルギニン+ビタミンB群+砂糖・ブドウ糖+アルプスの水のレッドブルです。プルタブまでカッコイイ♪ (でも飲み過ぎはカラダに良くないみたいなので注意しましょう。)

そしたら、ドリやま号の隣に停めた軽トラ(出た!軽トラ)のオジさん二人組が話しかけてきて、「おいらも以前はモトクロッサーに乗っていた。」とか「この軽トラも自分で車高を上げていたんだぜ。」とか、しばし、バイクや車の話題で花が咲きました。

左のオジサン(66才)曰く「65才を超えると、身体が言うこと聞かなくなるので、それまではしっかり遊んだ方が良い。」のだそうです。

で、この二人に、ドリやま号が20年前のバイクだと教えたら、かなり驚いて、「こりゃあ、写真に撮ってホンダのクルマ屋に見せよう。」とか「ダメだ、ダメだ。欲しくなってしまって、もうダメだ。」とか言いながら、コンビニの駐車場で大撮影会となってしまいました。

ま、クルマ屋にバイクの写真を見せても、あまり意味はないと思うんですけどね。

アングルを変えながら、何回も写真に収めております(´▽`)

大衡村から県道457号に入り、田園地帯を進みます。すでに稲刈りを終えた田んぼが広がります。
しかし、本当に良い天気だ。久々のドリやま号も快調。

いよいよ薬莱山の近くまでやってまいりました。
途中、宮城県と山形県を結ぶ国道347号線から、薬莱山方面に入る交差点では、ほとんどのマイカーがこちらに曲がったので、みなさんも本日は行楽にお出かけということですね。

ということで我が家を10時近くに出発し、11時半過ぎに到着しました、手打そばの店「宗右衛門」。

暖簾をくぐって中庭に入ると、二匹のワンちゃんがお出迎え。(結構吠えます。猛犬注意です。)

一匹はキツネ色の柴ちゃん、もう一匹はお父さん犬みたいな真っ白い日本犬。

二匹の間には、立派な除雪機があります。この辺りも冬は雪深いということですね。

お店の入口玄関。
まだお昼前でしたが、結構混んでおりました。ワダスは番号札「9」番だったので、本日9組目のお客のようです。

店内のアチコチに「本日より新そばです。」の掲示。
もし本当なら、図らずもたまたま新そばにありつけるということになりますね、ラッキィ池田です。(おやじギャグです。)

注)どうでもよいけど、ラッキィ池田は、震災後、NHK地方局制作の「やっぺぇ!たいそう」の振り付けなんかを担当して、今も活躍しております。たまに水木のアニキも出演します、参考まで。

こちらは、室内に飾られた店主の写真。

年をとっても、どデカいハーレーに乗ったりなんかして、まさに自由人って感じですね。自遊人って書くのかな?

ワダスの周りにもいるんですよ、自由奔放な人。
群れを嫌い、権威は嫌いじゃないけど、束縛を嫌い、叩き上げのスキルだけが武器の、チーム活動に向かない人。またの名を、サラリーマン]!
ちょっとやりづらくてオラ苦手。

こちらは、鴨居の部分に飾られた店主の釣り道具。

ワダスの知人にもいるんですよ、釣りキチで、増えた釣り道具を格納するのに貸倉庫まで借りた人。

趣味で釣りに行くというよりは、まさに漁。
朝暗いうちから船を出して大物を何匹も釣り上げ、58cmの鯛だの、67cmを釣っただの、たまに単位を間違えて67m釣り上げたなどと年賀状に書いてくるのですが、ゴジラでも釣っちゃったのか?って言いたくなりますよね。
頼むから生態系壊さないで。

さて、メニューは3種類のみ。「もり」か「鴨そば(1日限定20食)」か「水そば」。

ワダスは鴨そばの普通盛りを注文。
ソバは重箱に入ってきます。
付け合わせは、店主が山から採ってきたキクラゲの煮物。

この店は、注文を受けてからソバを切ります。
挽きたて、打ちたて、切りたて、茹でたての「四たて」の、中太のソバ。
ややしょっぱく味付けされた、鴨汁によく合って、うまい!

ハイ、あっちゅー間に完食!

ああっ!しまった!・・・・・・・・・。

本日お一人様なもんだから、「ああっ!しまった!」の写真が撮れなかった〜!!!!p(≧∇≦;)q

.......φ(。∀*)☆\(-_-)

ということで、宗右衛門を後にし、薬莱山にやってきました。
この辺りは高原なので、ご覧のような風景があります。牧場なんかもあるようです。
秋の深まりを感じますね。

薬莱山の真下に来ました。
冬はスキー場になるので、中腹までは草原ですが、上の方は紅葉が進んでいます。

スキー場の所の道路脇には桜並木が続いており、しっかり紅葉しています。
とても雰囲気のある桜並木で、花の時期や若葉の時期も素晴らしいのでしょうね。

薬莱山の反対側にやってきました。
こちらは中腹まで針葉樹(スギ)が覆っているので、山頂付近の紅葉はわずかしか見えません。

道路脇にはススキが風になびいていて、ここにも秋の深まりを感じます。

ということで、秋の夕べはつるべおろし。早めに帰ってまいりました。
途中、ドリやま号にも満タンに給油。最近ちょっとガソリンは安くなりました。154円ってとこですね。

本日自撮りが出来なかったので、家に着いてからちゃこPさんに撮っていただきました。
自分で自分の走る姿はなかなか見れないので、こんな感じでドリやま号に乗っているのですね。
全体的に赤が多いので、ピンクのウエストポーチも別に目だったりせず、そんなに違和感ありませんね。

さて最後に、本日の薬莱山の紅葉、結局、我が家のケヤキと大して変わらない感じでしたね。(そういうこと言わない。)
さて、来週以降、BMWトバ号が復帰したら、どこさ行くかな〜。