涼々ページドリやまページ

トップへ戻る

dream50 りゃん父ドリやま日記

2019/08/04 第170回・・・マジェス子号とBMWで行く、猛暑の白石〜手打ち十割そば&田んぼアートツー!

みなさんこんぬづは、りゃん父です。

今年の長い梅雨もようやく開けたと思ったら、今度は一気に猛暑になってしまいました。
宮城県地方は、太平洋からの「やませ」で梅雨の間中は毎日20℃くらいだった気温が、梅雨が明けた途端に毎日30℃超え。
日によっては、35℃の予報まで出るようになってしまいました
( ´;゜:;ё;:゜;`)

ということで、暑さにちょっとビビる大木のBMWトバ号を誘って今回も、

ツーリング
「スターティン♪」

さて、9時ちょうどに到着したトバ号。

「湿度が高いけど、そんなに暑くなくってサイコー!!」

なるほど、この霧は東からの湿った風の影響で、特に海岸近くが天気が悪いのか。

本日は、BMWトバ号がまだ一度も行ったことのない、白石市の「材木岩公園」内にあるソバ屋「小原なごみ茶屋」に行ってみることにしよう!

我が家を出て、仙台港から名取市閖上に向けて海岸沿いを走ります。
そしたら、前を走るトラックの荷台のリアドアがミラーになっていて、後ろを走るワダスらが映り込んでおります。

信号で止まった際に写してみるとこんな感じ。
鏡を見ているようで、道路も奥に向かってつながっているような、不思議な世界に入り込んだ感じ。
走り出すとトラックが上下左右に揺れて、見つめていると車酔いそうな感じになりますね(;:゜;益;゜:;)

本日の天気予報は「晴れ」、予想最高気温は「31℃」なのに、太平洋沿岸部特有の濃霧がかかった状態なので、バイクで走ると空中の水分が身体に当たって、

「おお、これはまるでミスト! 涼しくて、めちゃめちゃ気持ち良いではないか!!(・∀・)」

亘理町まで来て、コンビニ休憩。

思ったより涼しいですが、真夏日であることには変わりないので、熱中症にならないようこまめに水分補給。

購入したのはレッドブルのエナジードリンク。

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」ヾ(*`Д´*)ノ"(チコちゃん、8月の第2週は特別番組で放送お休み。)

ということで、カフェイン+アルギニン+ビタミンB群+砂糖・ブドウ糖+アルプスの水のレッドブルです。プルタブまでカッコイイ♪(見えてないけど。)
(でも飲み過ぎはカラダに良くないみたいなので注意しませうね。)

亘理から山元町〜角田市〜白石市街を通りクネクネ道の続く小原地区に入りました。
途中、片側交互通行の工事用信号の切り替わるのを待つBMWトバ号。
今日の予報では降水確率10%ですが、どんよりした天気で山の上の方がガスって霞んでいます。ただし、その分暑くない。

11時半ころ、「材木岩公園」の駐車場に到着。

「材木岩公園」には車両は乗り入れ禁止。
駐車場から徒歩で向かいます。

「こんなところがあったんだ。」と初めて来たトバちゃんはキョロキョロ珍しそうに歩いています。

今年は梅雨が長くて気温が上がらず、紫陽花も長持ちしてますね。

(ちなみに我が家の紫陽花も、8月上旬現在、かなり枯れましたが、まだ少し花は残っておりました。)

こちらが、高さ約65m、幅約100mの小原の「材木岩」。
石英安山岩の柱状節理(ちゅうじょうせつり)です。
先の東日本大震災の地震の揺れで一部が崩壊してしまいました。

「材木岩」をバックに記念撮影。
最近顔の半分が額になったような気が・・・・。

上流の七ヶ宿ダムから流れる白石川は岩の前で淵になっていて、周りの風景が映り込んで、まるで東山魁夷の世界ですね(・∀・)

こちらが、「手打ちそば処 小原なごみ茶屋」。

こちら店主の佐藤幹朗さん。

お品書きのピンクのテープを貼って隠したのは何だったのかを聞いてみたら、十割そばのほかにも「二八そば」も打っていたのだけれど、2種類打つのが面倒になったので、「二八」は止めたのだそう。
それで「二八」の部分を隠したということです。

大変、正直な方ですね(^^)

店内は、格子状の窓から射し込む自然光を採用し、灯りは控えめでほの暗い。
なかなか居心地の良い空間です。

写真は、「何食べよっかな〜」のトバちゃん。

二人ともこのお店の一押し、「十割そばセット」(1,300円)にいたしました。

その後、トバちゃんはお店の外に出て、店の全景を撮影。

「映(ば)える?」

十割そばセットは、ざるそばに、天ぷら・そばはっと汁・漬け物が付いています。
「はっと」は福島、宮城、岩手に伝わる郷土料理で、「すいとん」のようなものですが、他のお客さん、十割そばセットの内容をお店の人に聞いて、この方、おそらく東北以外からの観光客なのでしょうが、
「はっと汁が付いています。」
「はぁっ?」
「はっと!」
「はぁっ?」
「はっと!」
「はぁっ?」
て、何度も繰り返しておりましたね (((*≧艸≦)
なんなんだ、その、サンドウィッチマンみたいなやり取りは!?

細打ちの十割そば。
手打ちでこの細さに切るのは結構大変かも。
店主、ええ仕事しとりますね〜(*^ー゚)b

こちらは天ぷら。
タラの芽、しめじ、茄子、サツマイモ、かぼちゃ。
ワダスの好きな、衣が少ないクリスピータイプ。うまい!

トバちゃんも「ここ、近くて、わざわざ七ヶ宿の湯原まで行かなくても、ソバが食べられて、いいね!」

いいね!いただきました。痛み入ります (。-人-。)

食後は、水と渓谷の岩をテーマとした「水と石との語らいの公園」へ。

多くの子供連れで賑わっています。
子どもたちは池をプール代わりに、語らっていますね、というよりギャースカはしゃぎまくっていますね。

ワダスらは売店で「濃厚ソフトクリーム」をゲット。

暑さでソフトが溶けてしまうので、垂れても良いように前かがみになってソフトを食べるトバちゃん。

大人の悲哀を感じますなぁ(  ̄- ̄)

材木岩を後にし、朝来た道と同じ道を通って帰ることにしました。

なぜかと言うと、信号が少ないので(*^^*)ゞ

途中、角田市西根地区で「田んぼアート」の看板を見つけ、寄り道してみました。

駐車場はあぜ道だし、看板も手書きだし、案山子も立ってるし、展望台もいわゆるやぐらだし、手作り感たっぷりですなぁ。

今年のテーマは「未来への希望」とのことで、演技する羽生選手を真ん中に。左に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)角田宇宙センターにちなんだロケットと、右に、地元の高蔵寺に安置されている阿弥陀如来坐像(ざぞう)もあしらったとのことです。

で、これが、展望台からの長めですが、青森の田舎館村の田んぼアートのような「遠近法」を使っていないので、ちょっと分かりづらく、もう少し工夫が欲しい。

8色の稲を使っていると言いながら、阿弥陀如来は「光背」と「蓮の台座」はハッキリしてますが、肝心の如来像が色が周りの普通の稲とかぶってしまい、どのようになっているのかも不明瞭。
ちょっと残念ですね。

帰りの途中、津波に流れ、長い間営業していなかった名取市閖上地区のローソンが復活したので、寄ってみました。
この辺の風景は土地も道路もかさ上げされて、昔の面影はありません。

ウチカフェのエスプレッソ。
かなり日も差してきたので、冷たくて美味しい!

ということで無事におウチに到着しました。

ボ「熱中症にならなかった?」
り「大丈夫でしたよ。ボビたんもぐっすり眠れましたか?」

(※ この時期、我が家のボビたんは、昼も夜も冷房除湿(設定温度25度、設定湿度60%)で過ごしております。ええですにゃー。)