涼々ページドリやまページ

トップへ戻る

dream50 りゃん父ドリやま日記

2019/08/11 第171回・・・マジェス子号とBMWで行く、山の日なのに○方面〜手打ちそば&ホヤ買い出しツー!

みなさんこんぬづは、りゃん父です。

いよいよ今年もお盆の季節がやってきました。
ワダスの職場でも交代で休みを取って、それぞれ田舎に帰ったりお墓参りに行ったりするようです。
なかには、ゴルフの方もいるようです。(別に他意はございません。)
ということで、三連休の真ん中、8月11日「山の日」にまたまたツーリングに行くことにしました。

さて、9時ちょうどに到着したトバ号。

さすがに暑いのか、我が家に着くなりジャケットを脱いで、ネットを使って荷台に装着。

「今日はちょっと暑くなりそう。」

え、ほんと?本日は「山の日」だから山方面にでも行こうかと思いましたが、それだと内陸部はもっと気温が上がるかも。
だったら、「山の日」なのに海方面か?しかし、なんちゅー想定外な展開なんだ。
それじゃ、三陸道も気仙沼近くの「小泉海岸IC」まで完成したというので、途中の「三滝堂IC」近くの、登米(とめ)市東和(旧:東和町)にある、「三たてそば すぎやま」という手打ちそばの店にでも行ってみますか。
しかも、ちゃこPさんからは、気仙沼方面に行くのならホヤを買ってこいとの指令も受けました。
では、今回も、

ツーリング
「スターティン♪」

と思ったら、マジェス子号のフロントシールドに、ほんの短時間の間にジョロウグモがクモの巣を張ろうとしております。
クモは、害虫や子虫を捕まえてくれるので益虫(※正しくは昆虫ではありません)ですが、我が家の庭にはたくさんのジョロウグモが生息していて、ワダスなんか、家の裏の物置にバイクを取りに行く途中、2回くらい顔面がクモの巣に絡まって捕獲されてしまってますね。
個人的には、もうちょっと高い位置に巣を作っていただけるとありがたい。

今回のクモさんは、ちゃこPが庭の雑草を使って、糸ごとぶら下げて逃がしてやりました。

我が家から利府街道を通り、松島に出て、「鳴瀬奥松島IC」から三陸自動車道に入ります。
ここから先は「無料供用区間」です。
帰省する車で平常より台数が多く、たまにスピードダウンする区間があります。

「三滝堂IC」に隣接する「道の駅三滝堂」に到着しました。

道の駅の物産販売所の入り口の所に、プラスチックのケースが並んでいて、何を売っているのかと覘いてみたら、

カブトムシ(画像)やクワガタなどの昆虫。

こちらは、昔懐かしいザリガニ。

今の時代は、こんなのまで売っているのか。
昔は田んぼで自分で捕まえたものですが。

ところで、我が家に来ればジョロウグモいっぱいいますから、安くお分けしてやっても良いですよヽ(*゚∀゚)ノアハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

.......φ(。∀*)☆\(-_-)

さて、ソバ屋の開店時刻(11時)までちょっと時間があるので、ソフトクリームでも食べますか。

ん?うんこソフト?
何それ、なんの味がするの?

正解はバニラ味。
・・・・う〜む、想定の範囲内というか、別な意味で期待外れでございますね(*゚∀゚))

.......φ(。∀*)☆\(-_-)

ということで、ワダスらは、「ずんだソフト」にしました。
こちらも味は全く想像がつきませんなぁ・・・。


・・・・・。

・・・・・。

確かに、枝豆の味がする。青臭いというより、弱塩味。

美味しくないわけではないですが、ちょっとビミョー。
見た目がメロン色なので、塩味というのについていけず、脳が混乱。

今日は30℃には届かない予報ですが、やっぱりそれでも暑いのか、ソフトがどんどん溶けます。

暑さでソフトが溶けてしまうので、垂れても良いように前かがみになってソフトを食べるトバちゃん。

大人の悲哀を感じますなぁ(  ̄- ̄)

(トバちゃんの足元、ボタボタこぼしたソフトで、軒先に作ったツバメの巣の真下のようになっている。)

ということで、この後、幹線道路から外れ、前回何度も迷ってスマホで確認しながら辿り着いた「三たてそば すぎやま」に向かいます。
さすがに前回と違って、今回はスマホでチェックせずとも、がんがん進んで行けますね。

はい、到着いたしました。100年以上も前に作られた蔵と農作業場を改装した店舗です。
深い山とマッチして趣がありますね。

道路沿いの砂利のクルマの駐車場を避け、敷地内を登って、店舗の傍の畑や庭に面するコンクリートの道に停めました。
まずは店をバックにマジェス子号、記念撮影。

トバちゃんもBMW号を撮りたいでしょうから、マジェス子号をちょっと除けて、

【  ̄。) ハイ、どうぞ!

お店に入るとほぼ満席状態。
ワダスらは3つ前の画像に映る、後から増築したような、窓のあるでっぱりの小部屋。
6人掛けテーブルを二人で独占です。

この部屋のまどから、ちょうど「三滝堂ふれあい公園」で遊ぶ人たちが見えます。
キャンプ場にもなっているので、いくつもテントが張られております。

写真は、「何食べよっかな〜」のトバちゃん。

二人とも「大もり板そば」(1,000円)にいたしました。

こんな山の中なのに結構混むもんだ、などと話していたら、あらら、今度はフェラーリまで来ちゃったよ。

これがモナコだったら、若い女性二人組とかが降りてくるところですが、残念ながらここは東北の山間地、下りてきたのは、やっぱりと言うかオジサン二人組。

砂利の駐車場で底を打たないよう、かなり慎重にバックして停めておりました。

こちらが、「大もり板そば」。

店名にもある「三たて」は、「挽きたて・打ち立て・茹でたて」の意味。

蕎麦粉・小麦9対1の割合で作る細麺。
固めで、ツルツルとまでには至らない、若干噛みごたえのあるコシの強さのソバ、こういうの好みです。
うまい!

こちらは、「梅のゼリー」。
夏の味って感じで、美味しい!

完食後のワダス。

真夏は半そでジャケットの中は、アスリート御用達の「ニューバランス」の吸汗速乾メンズTシャツ。
サ〜ラサラのひ〜えひえ♪

今回はいつもの、「ああっ!しまった!ジャケット脱いだときの格好がシャツの裾がパンツに入っていて、ただのオッさんになっとる!」は、写真をとる前に、裾をジーンズから出していたので、ダイジョーブ!。

(でも、ただのオッさんや。最近、顔の半分が額になってもうた。)

そばを食べ終わった後は、外に出て、景色を眺めながらトバちゃん、一服。
「盛り」の割に腹一杯になった、と言ってましたが、来る前に食べた「ずんだソフト」が結構お腹に溜まったかも。

店の庭には、サルスベリが満開。

我が家のサルスベリも、少し花が咲き始めましたが、まだつぼみが多く満開はもう少し先のようです。
なお、我が家のは、ここのとは違って、花色は濃いピンクです。

ちゃこPさんからのホヤを買ってこいとの指令を思い出し、先ほどの「道の駅三滝堂」に戻ってきました。
お盆の帰省の人たちでスゴイ混みようです。

おお、見っけ!冷凍蒸しホヤ!
なんと、気仙沼ホルモンもあるし、瓶詰塩ウニもある!

でも、蒸しホヤは冷蔵でも耐えられるけど、それ以外は完全に冷凍物なので、マジェス子号で持って帰るのはちょっと困難。
蒸しホヤだけ購入し、保冷剤を入れた保冷パックに入れてもらいました。

トバちゃんの方は、茹でトウモロコシを奥さんへのお土産に購入。
茹でトウモロコシなんて、近所のスーパーでも売っているんじゃないかと思うけど、産直の茹でたてはやっぱり一味違うのかな?

シート下トランクはエンジンの熱で熱くなるので、コンビニフックに引っ掛けて保冷剤が溶けないうちに帰ります。
走行中の状態はこんな感じ。
足を前に投げ出すような感じにした方が、巻き込まれた風でコンビニ袋が逆に押し付けられ、安定する感じです。

帰りの三陸道の無料供用区間も流れは順調。
反対側の下り車線は、午前中よりかなり混んで、一部で渋滞が発生してました。

途中、矢本PAでトイレ休憩。

しかし、いくら無料供用区間を使用とはいえ、高速を走ってホヤの買い出しざんすからね、なんかすごいぜ、マジェス子号!!
(マジェスティSは150ccクラス最強のスポーツ性能と言われています。)

ということで、無事におウチに到着しました。

しかし、昔なら、仙台から気仙沼まで片道3時間と言われていたのが、何ということでしょう、高速がつながったおかげで、我が家まで1時間20分くらいで到着いたしました。
これだと仙台・気仙沼間は2時間切りますね。
まさに、隔世の感がありますね。

はい、こちらが、蒸しホヤ。

ネットによると、旬のホヤを殻つきのまま蒸し上げた、うまみ凝縮の酒好きにはたまらない逸品なのだそうで、ホヤをつまみにすると日本酒が美味しくなるんですって。

ほんじゃあまあ、美味しくいただきますか ∀('ー'*)♪