涼々ページドリやまページ

トップへ戻る

dream50 りゃん父ドリやま日記

2019/10/20 第177回・・・マジェス子号とBMWで行く、秋の薬莱山〜トバちゃん初めての店手打ちそばツー!

みなさんこんぬづは、りゃん父です。

10月の3連休を襲った台風19号、大変な被害が出てしまいました。
我がりゃんりゃん家は、家の前の道路が30cmほど冠水したものの、床上や床下などの浸水被害等はなく、なんとか難を逃れることが出来ました。
実は前回のツーリングの「山元はじまるしぇ!」の帰り道、宮城県丸森町を通って帰って来たばかり。
立派な橋のかかったバイパスが出来たばかりだったのに、川の堤防が決壊して町全体が洪水になってしまうなんて、台風の規模や進路が予想されていたにもかかわらず、自然災害とはなんと恐ろしいものなのでしょうか。
被害に会われた皆様に方々に心からお見舞い申し上げます。

さて、今回は19日の土曜日も雨模様になったので、翌20日の日曜日に走ることにしました。

30cmほど冠水した家の前の道路。
豪雨とともに流れ出た泥がまだ残っています。
我が家の庭のコンクリート部分も泥が溜まりましたが、台風が去った翌日、乾いてこびりつく前に、ケルヒャーでザッと洗い流しておきました。

泥水の原因の一つはコレ。
道路向かいで宅地の造成をしており、土盛りした土が、台風の豪雨で道路側にかなり流れてしまっております。
側溝のフタや道路の白線のあたりまで泥が覆っています。

反対に、地面を削ったままにしていた部分には雨水がたまって、池のようになっています。

造成で土を盛った場合、盛った土がしっかり落ち着いて固くなるまで、少し時間をおいて待ちますが、19号が通り過ぎた後も、毎週のように雨が降っており、まだまだ土が流れてしまいそうなので、流れないように、なんとか対策してもらえませんか、てところですね、●●建設さん。

出発前の1ショット。

ちゃこPさんから、ただ立ったままだと面白くないので、なにかポーズをとるよう促され、トバちゃんは両手を前に、ワダスは腕組みしてみましたが、全然面白味がないですね。も少しなんとかしろよ。

で、今日はどこに行くかというと、台風19号の影響で、県南部の丸森町や角田市は浸水による通行止めが多くあり、白石市から七ヶ宿町方面も通行止め。
沿岸部の石巻市方面も洪水で通行止めになっている箇所があります。

そこで、トバちゃんがまだ行ったことのない、手打ちソバの「宗右衛門」という店が薬莱山の麓にあるので、そこに行ってみようと思います。
ただし、これも堤防が決壊した吉田川を渡ることになるので、途中道路が冠水して通れないようであれば、その場合は、別の目的地を考えます。

大和町の鶴巣地区といって吉田川が近い場所までやってきました。
道路脇に冠水した痕跡は残るものの、通行に問題はありません。

これが吉田川。

一見すればさほど大きな川ではありません。
でも、左の土手にゴミが直線になって堆積しているのが見えますが、ここまで水面が上がったということ。
ここまで水が上がれば、氾濫や決壊の危険性が高まります。

薬莱山のある加美町に向かう広域農道。

ところどころ、流れた稲わらが堆積した個所もありますが、被害は大きくなかった模様です。
目の前に立つ電柱のすぐ左に、加美富士と称される(と言っても533mしかありませんが)薬莱山が見えます(・∀・)

国道347号線に合流したところで、コンビニ休憩。

で、この日は10月も半ばを過ぎると、朝晩ぐっと冷え込み、日中の最高気温も21℃の予報。
走っているとやや寒さを感じる、秋の空気!
気持ち良すぎて、記憶が飛びそう!
で、購入したのは、昇り続けるためのエナジー「リアルゴールド ドラゴンブースト」。

ネーミングが良いね、クレイジーケンバンドのタイガー&ドラゴンみたいじゃないですか。
「俺の、俺の、俺の話を聞け! 2分だけでもいい!」ヾ(*▼Д▼*)ノ"

「で?」

高麗人参、紅参、クコ、リュウガン、シベリア人参、霊芝の6種類の東洋素材を配合。
確かに飲んでみると、ジャスミンティーのような独特の辛味とか鼻に抜ける香りがある。
(ジャスミンティーとはまるで別物だと思うけど。)

(ですよね。)

薬莱山が近づいてきました。

国道347号線から「やくらいリゾート」方面に曲がると、上り坂になりますが、上り始めてすぐのところを左折すると、「手打ちそば 宗右衛門」があります。

到着しました。

おお、漢カワサキ乗りも2台来ているようですね。

トバちゃんがスマホで撮影しようと、走る走る!

ということで、トバちゃんが撮影した画像を使用。
おお、横16縦9のワイドなサイズですね。
発色も良いです。

暖簾をくぐって庭に入ると、2匹のワンコがお出迎え。
この2匹には、結構吠えられます。

とくにこちらのワンちゃん。中に人間の入った着ぐるみではありません。
つながれたロープに引っ張られ、直立しています。
顔も何か言いたげですね。まるで人間のようだ。

民家の座敷と言った感じの店内はこんな感じ。

店主(阿部さんという方)は趣味が広いんですね。
ハーレーには乗るわ、海釣りはするわ、で、壁いっぱいに写真や釣り竿が飾られています。

(※ 下に顔半分が映る男性は、店主ではなく、店員さんです。)

床の間には、アルトサックスもあります。
実際にいろんなところで演奏しているようです。
大体このサックスだって、何十万円もする代物でしょうから、趣味に金がかかっておりますね。
あと、なにやら、茶器とか食器とかがいっぱい。

ということで、この時期「新そば 打始めました」の掲示。

実は、この店のこだわりは、注文を受けてからそばを切るのだそうで、一般的によく言われる「挽きたて・打ち立て・茹でたて」の「三たて」に、「切り立て」を加えた「四たて」がこの店のこだわりなんだとか。

そういうことで、ワダスたちは、一日限定20食の「かもそば(1,150円)」プラス「大盛り(300円)」を注文しました。

コチラが「かもそば」。ソバは重箱に入ってきます。
付け合わせは、店主が山から採ってきたキクラゲ。

スマホで写真を撮ろうとするトバちゃん。

・・・最近、トバちゃんもスマホでソバを撮影しておりますが、帰ってから奥さんに見せたりするということは、とくにはないそうです。

後ろに映り込んだ男性は、さきほど駐車場にあった漢カワサキに乗る男性。
ワダスら以上に結構なオジサンたちでした。
最近若い人はバイクなんて乗らなくて、バイク乗るのは、ほんとオジサンばっかりですなぁ。
オジサン、ガンバレ!腰が曲がってもバイク乗り続けんぞ!
(というのも、なんか哀しいね。)

挽きたて、打ちたて、切りたて、茹でたての「四たて」の、中太のソバ。

ややしょっぱく味付けされた、鴨汁。
鴨肉も美味いし、ネギも美味しい。量も多くて、ガッツリ食べ応えあります。

おっきなキクラゲ。
プリップリ〜のパ〜クパク♪
ざっと湯通しし、酢醤油のような味付けが施されています。

完食後の至福の表情のワダス。

ついこの間まで、サ〜ラサラのひ〜えひえ♪の吸汗速乾メンズTシャツを着ていたのに、あっちゅー間に、ジャケットの下はトレーナー、トレーナーの下は長そでTシャツです。

で、店主の阿部さんと一緒のところを写真に撮ってもらおうと、女性の店員さんにお願いしたところ、逆光の上に、かなり緊張したのか、シャッターを押す瞬間に力が入って、大きくブレブレ(-_-;)

もっと、肩の力を抜きなはれ。

で、今度は外で、ということで、トバちゃんも入って3人で。

でも、日が当たるところと日陰のところがあって、イマイチやな〜。

もう1回、泣きの3回目。

おお、今度はバッチリですね。完璧です。
他にもお客様がいらしたのに、ほったらかしして、付き合わせてしまいまして、誠に申し訳ございませんでした。ありがとうございました(^人^)

ところが店主の阿部さん。「今、これでキャンツー(キャンプ・ツーリングの略)しているんだぜ。」と見せてくれたのが、トレーラー付きカワサキKSR110。

このトレーラー、特別に注文して作ったのだそうですが、トレーラーも1輪なので、重い荷物を積んで、走っている際は問題ないものの、止まるときなど、トレーラーの中身が重いものだと、傾いてしまって、それにつられてバイクまで倒れそうになるんだと。
それって、マズいんじゃねえのか?( ;∀;)

ということで、最後は薬莱山のスキー場の下までやってきました。
紅葉はまだまだ先のようです。

ところで、この後寄った地場産品の直売所「やくらい土産センター」では、野菜や果物、山菜が、本当にめちゃくちゃ安かったので、今度、ちゃこPさんと一緒に、N坊号で買い出しに来なくちゃ、ですね(^.^)b

それではまた、そのうち〜(*´I `*)ノ