涼々ページドリやまページ

トップへ戻る

dream50 りゃん父ドリやま日記

2020/10/24 第190回・・・ニダ坊号で行く、秋も深まる登米・米山〜山形板そばの店ソロツー!

みなさんこんぬづは、りゃん父です。

10月も後半となりました。
テレビの天気予報では、山の方は紅葉が見ごろだと話しておりますが、この土日、24日・25日は山沿いは午後から天気が崩れるらしいので、こんなに青空で良い天気でほんとに残念なのですが、山方面は避け、できるだけ海に近い方面に行ってみようかと思います。

で、今回目指すのは、昨年9月に、ちゃこP弟ちゃんがCB1300で遊びに来た際に、ちゃこPさんやBMWトバ号とみんな一緒に行った、登米市米山(旧:米山町)にある、手打ちソバの店「竹庵(ちくあん)」。

我が家を9時半ころに出発して下道で普通に走っていくと、ちょうど開店時刻の11:00くらいに到着する距離感がちょうど良い。
たまたま、この日は冬型の気圧配置で北風も強いし、持病の坐骨神経痛が先週庭の草取りを頑張ったら再発して、お尻の右側から右足ふくらはぎに掛けて、痺れて痛くて、今週前半は歩くのもしんどかったくらいで、まだ完璧に治ったわけではないので、まさにこのくらいの距離が本当にちょうど良いのです。
(大丈夫なのか?)
(ロキソニン飲んで散らしています。)

途中、涌谷町まで来たところで、コンビニ休憩。

この間までの猛暑もまるでウソのよう。
今日は暖かい飲み物をいただきます。
で、購入したのは「新 ファミマの甘味焙煎コーヒー」。

ほれ、「本当においしいブラックコーヒーは、甘い。」とゴローちゃんも言ってるべ。

ちなみに、ワダスはブラックじゃなくて砂糖を入れたので、確かに甘いゾ。

.......φ(。∀*)☆\(-_-)

我が家を出発して1時間半ちょっと。
なぜか今回も道に迷いながら、開店時刻11:00の10分後くらいに、「竹庵(ちくあん)」に到着いたしました。

おお、モミジがちょっと赤くなっておりますね。

300年前の農家を改装したお店の内部。

本日、ワダスは2番目のお客のようです。残念。
(なにが残念なのだ?)

各座席の横の置き型冷暖風扇の上にデジカメを置いて、自撮り。

・・・う〜む、逆光でなかなか上手に取れないものですね。取り直しても同じでした。
明るさを抑えると顔が暗くなるし、なかなか難しい。
(ヒゲくらい剃れ。)

注文した品は、出来上がると、ミニSLに乗って運ばれてまいります。

何を注文したかと言うと、ここは宮城だけど、なぜか山形では定番の「げそ板そば」(900円)。
(いつも、げそ天だね。)

開店直後の揚げたての天ぷらは、揚げる油も新しい(と信じたい)せいか、色もキレイでサクサクで雑味も無くて、うまい。

昨年来たときは、夏新ソバだったためか、ツルツルした感しがなく、ゴソゴソした食感というのが個人的に残念な感想だったおソバの方は、果たして、今回はどうか。

おおお、季節的に夏そばはもう終わってしまったのか、今回はゴソゴソ感が少なく、普通に美味いです。

ソバを食べ終わった後はお庭の東屋で休憩。
ワダスの後方に竹林が見えます。
(ヒゲくらい剃れ。)

竹林。風情がありますね。
京都の嵐山の竹林とか、マジで見てみたいです。

庭の柿の木のカキ。

これも柿の木。

「竹庵」のあるレジャー施設、豊愛の里の入り口にある、セスナとキングコング。

なに意味してるのか、分かんない。

帰りは松島町からは国道45号線を通って帰ってきました。

以前、震災の前の年まで、冬には必ず行っていた牡蠣小屋の場所に寄ってみました。

おおお、今もやっているのですね。
今年は「10月29日オープン」となっております。
マイペンチを用意して100個食べるのを目標にしていたころが懐かしいです(*^^*)

ということで、天気が崩れる前に帰ってまいりました。

さて、本日、風が強かったのですが、ニダ坊号に乗っていると、風の影響をほとんど感じず、フラフラすることがありませんでした。
また、フロントが倒立、リアがプロリンク(モノショック)のサスペンションのセッティングが良いためか、段差を通過した際の突き上げが柔らかく、タイヤ径の小さいマジェス子号だとガツンと来るのに対して事前に身構えることもありましたが、ニダ坊号だと何もなかったように呆気なく通り過ぎてしまいます。
また、結構急なコーナーも、ブレーキング無しで突入しても、深くバンクさせることができ、タイヤもラジアルなので安定したまま倒し込んで曲がれます。
いろいろと気が付くところがありますね。では、また(^.^)/~~~