涼々ページドリやまページ

トップへ戻る

dream50 りゃん父ドリやま日記

2021/05/30 第204回・・・ニダ坊号で行く、山は天気が崩れるらしいので、今回も海方面三陸の街・気仙沼に行くツー!

みなさんこんぬづは、りゃん父です。

昨日(5月29日(土))は2か月に1回に通院の日だったので午前中がつぶれてしまいましたので、本日(5月30日(日))ニダ坊号で走ります。
本当は、日曜日はカレーも作んなきゃなんないし、一週間分のワイシャツのアイロンがけもしなくちゃならないので本当は忙しいのですが、そういう時に限って出かけたくなるのですね、なぜか。

(そういうのを現実逃避と言います。)

さて、出発前の恒例の記念撮影。
いつもとは違ったバックにしようとしましたが、直射日光でまぶしくてダメだ。

ちょっと位置を変えました。
おっ、今度はいいですね。はい、チーズ♪

(ただし、使用済みボビたんトイレシートを燃やせるゴミの日まで一時保管する用のポリバケツが左の端に映り込んでおります(*´Д`))

これはニダ坊号を移動させ、下りようと足をピョンと上げた瞬間の写真。
跨るのも降りるのも、テールが跳ね上がっているのでこんな感じになります。

こちらはニダ坊号に跨っているときの写真。
ハンドルが低いので前傾姿勢になります。

ワダス、腰痛持ちですが、バイクに乗ると腰痛を忘れるというとても都合の良い腰をしております(^┰^)ゞ

ということで、本日、本当は新緑がまぶしい(はずの)遠刈田でソバを食べたり蔵王でソフトクリームを食べたり、山方面に行くのが良いかなと思いましたが、どうも山沿いは本日天気が崩れるらしい。
で、本日も海方面ということで三陸の街、気仙沼に行くことといたしました。

ところで、走り出してから途中で気が付いたのが、コレ。
盗難防止アラームのインジケーターランプが本来は矢印の辺りに貼り付けてあるのが、剥がれてしまってだらりと垂れ下っている。
おそらくシールで貼られているのが、細かく振動するのと貼られた場所がカーボン調の柄が入っていて密着性が弱いのが原因で、買ってまだ一年たたないのに早速剥がれてしまったようです。

気になるので、セブンイレブンで停めて、もう一度貼り付けてみましたが、やはり、もう粘着力が弱くなっていて、またすぐに剥がれてしまいます。
性能的には変わりはないですが、インジケータは点滅することで見せる防犯ですから、目につきやすくないと意味がない。
家に帰ったら自分で両面テープで直すことにいたします。

ちゃこPさんの於かぶちゃん号のインジケータがいまだに剥がれないでいるのに、ニダ坊号、1年持ちませんでした(T_T)
そう言えば、ホンダドリーム店で貼られたレプソルのステッカーも、貼った場所がプラスチックでできたチェーンカバーだったのですが、そこも艶なしのザラザラしたところだったので、いつの間にか風圧のせいなのか剥がれて無くなっておりました。
両面テープもステッカーも平滑な面じゃないとダメってことですね。

さて、セブンイレブンで飲んだのは、セブンカフェのホットカフェラテのレギュラー、150円。
例えば、ミニストップだとコーヒーの大きいのがレギュラーで、小さいのはS。でも、ミニストップのカフェラテはレギュラーのみ(200円)。でも、セブンカフェだとカフェラテも大きいラージと小さいレギュラーがある。
今回ワダスは、小さい方で良かったので、レジで最初なんと言って注文したかと言うと、

「ホットカフェラテのミニ。」

そしたら、レジのおねいさん、ちゃんとセブンカフェでは小さい方のレギュラーのカップを出してくれました。
まあ、大体言いたい意味が通じたようです(*^人^*)
(なんだかよく分がんね。)

次にやってきましたのは、前回も来た登米市の警察資料館。
前回は建物内には入りませんでしたが、パトカーや白バイなども展示されているということなのでちょっと寄ってみようかと思いましたが・・・・・。

え?入館は有料?

・・・・・パトカーも白バイもそんなに珍しいわけではないので、お金払ってまで見るまででもありませんよね、ね、ね(^^;
やっぱりやーめた。

前回、登米市から県道172号線で南三陸町に抜けましたが、相当な山道だったので、今回は北上川沿いを県道202号で北上し、国道45号線に抜けます。
この辺も初めて走りますが、こちらは平坦で走りやすいです。

で、到着しました、気仙沼の「海の市(&シャークミュージアム)」。

おお、さすが、バイク野郎も何台か来てますね。

1階は海産物の売店になっているほか食べ物屋さんが3軒ほど入っています。

そのうちの1軒、「リアスキッチン」。
海鮮丼や魚介ラーメンなどをやっています。

本当は、ふかひれラーメンが食べたかったのですが、今どきのふかひれラーメン、お値段はなんと2,750円だそうで、12年前は1,500円だったのに倍近く、震災復興応援価格ということなのでしょうが、ちょっと手が出ませんね。
一人でウニ丼とか食べるのも背徳感と言うか後ろめたい感じがするし、帰り眠くなるといけないので、まず丼物は避けて、軽く麺ものをいただきたいと思います(ふかひれ以外の)。

店内は小奇麗ですが本格的な海鮮丼屋という感じじゃなくて、まあ、ファミレスですね。

ワダスは、豚骨醤油スープの魚介ラーメンにしました。

メニューの写真(食べログから借用)とはかなり違うけど、これで税込み990円ですから、決して安いわけではありません。
粉節仕様のトンコツ醤油スープ。イカ、エビ、ホタテの貝柱、ワカメ、フノリなどが入っていますが、スープが不透明なので一部しか見えません。

麺のはしあげ。麺は中細ウェーブ麺。

ホタテ発見!

・・・・・こっ、これはっ!・・・ベビーホタテなのか?

……(。∀*)☆\(-_-)

高級食材のふかひれラーメンも見た目のインパクトはおとなしいのですが、魚介系ラーメンと言えば函館の毛ガニラーメンのようなカニ丸ごと満載されたとかの感じが欲しいですね。

海産物の店にやってきました。
赤いラインで丸く囲んだ、「蒸しウニ」の缶詰1個1,050円(税別)を2個買いました。
左隣のウニの瓶詰もどうかなと思いましたが、3本で千円ちょっと安すぎ。チリ産のウニでした。
で、値段高めの缶詰の方にしましたが、缶詰は産地の記載の省略が認められていて、レジのおねいさんに聞いても分からないとのことでした。

建物を出てニダ坊号のところに戻ったら、おお、バイクが増えております。
ロングフォークチョッパーってやつですね。
たまにバンザイして乗ってる人もいます。

三陸自動車道が見える商港のところにやってきました。

反対方面を見ると、港の奥に気仙沼の町並みが広がります。

コチラは気仙沼漁港。
魚市場の近く、観光桟橋と言う場所です。

ということで我が家に帰ってまいりました。

ちゃこPさんからお土産のウニの缶詰に関して、「ニューバランスのリュックはいい仕事しているね」とお褒めの言葉を頂戴いたしました(^人^)
(画像はちゃこPさんが自ら撮影。飲みかけのジョッキがアクセント( ;∀;))

一方、ニダ坊号のインジケーターランプの方は両面テープを使って固定しました。
以前は、薄灰色のプラスチックの留め具がもっと下の方の壁面にありましたが、そこだとインジケーターのコードを直角近く曲げることとなり、それが結局コードが元に戻ろうとする反発力のため剥がれる原因になったと思われるので、今度はランプの根元部分に留め具を持ってきて貼りました。
こうすれば変な捩れがない分密着度が良いと思います。

ウニの缶詰の方はまず1個、6月1日の夕食で海鮮チラシにしていただきました。
鶏卵で固められていますので、プチプチ感が少ないですが、ウニの味はします。
ウニ以外にはマグロとカニカマ、ワカメ、オクラ、大葉などが載っています。

「中島ハルコは終わったけど、カニカマ先生(蟹釜ジョー)はもう1週あるみたいですね(=^_^=)b」

((oдΟ;)急になんの話だ?)