涼々ページドリやまページ

dream50 りゃん父ドリやま日記

トップへ戻る

MAINTENANCE フェンダー交換(ドリやま号・Dトラ子号)

4月7日夜の余震で物置の棚からスキー板が落下し、スチール製フロントフェンダーに2本の平行な凹みとキズが出来てしまったドリやま号
その後、いつものバイク屋H輪業で注文し、新しいフェンダーに交換したところですが、外した方のフェンダーは、震災の教訓として、壊れたままの姿で段ボール箱に入れ保管していました。
で、1週間ほど前、隣家の町のレストアの巨匠Tさんが、「チョット直してみましょうか。」とのことでお願いしていたところ、本日完成してまいりました。

左が修理から上がったフェンダー。
傷を叩いて板金した後、パテ埋めして、全体を塗装し直しています。
今回は、さすがの町のレストアの巨匠Tさんも、板金・塗装となると我が家の庭先での作業とはいかず、勤め先(外車屋さん)にまで持ち込んで作業したとのこと。

(^人^;)いやいや、申し訳なかったっす・・・・。

こちらが作業中のショット【画像提供:巨匠Tさん】。
色から判断すると、おそらくポリパテを載せて磨いた段階での状態のようです。
凹みを内側からハンマーで叩き、平らにした後、板金をした部分の塗装を剥ぎ、板金パテで形を整え、その上からポリパテで板金パテの巣(小さい穴)やヘアラインような線(段差)を埋めます。
この後、サーフェイサーを吹き、塗装、クリアーの順に塗っていきます。

塗装に当たってはオリジナルに最も近い色だったということで、アウディ用の余ったシルバーメタリックの塗料を使用。
ほとんど見分けが付きません。
逆に、スプレーガンを使用した手塗りなので、おそらく機械塗りのオリジナルに比べ、クリアーの厚さも十分に厚く(1.5倍以上?)、オリジナル以上の艶やかさがあります。

凹みを戻すために叩いた内側もご覧の通り。
実際には目に触れる場所ではないので、ある程度適当でも問題ないのですが、こちらも叩いた傷をシッカリパテ埋めしたうえに、クリアーまで塗ってあり、フェンダー=「泥よけ」として使うのが躊躇されるくらいの見事な出来映え(=^_^=)

で、レストアの巨匠Tさん、Dトラ子のプラスチックフェンダーの傷もチャレンジするとか言って持って行っちゃいました。
・・・・・・果たして、プラスチックは上手く治るのか?